旭大高ニュース

  1. ホーム
  2. 旭大高ニュース
  3. 学校長ブログ

学校長ブログの一覧

国体少年女子の部第5位 剣道部 岡崎みずほさん !

 去る9月30日、第68回国民体育大会(スポーツ祭東京2013)に剣道部主将3年岡崎みずほさんが北海道少年女子の部、副将として出場し道内剣道部強豪校の仲間とともに道代表として活躍してくれました。                        

 剣道歴は小学校時代からはじまり、旭大高では顧問の指導の下で先輩や後輩の仲間たちとともに頑張り続けて本当に良かった。苦しかったこともたくさんあったが、剣道を通して礼儀作法などさまざまなことを学ぶことが出来たと語ってくれました。

20131015.jpg

 大会当日は旭大高の先輩たちも応援に駆け付けてくれて嬉しかったこと、卒業後は大学で新たな学びと剣道を続けていきたいと抱負を述べてくれました。

 今回の岡崎さんの頑張りは、後輩たちにも励みになったことでしょう。      

80歳! 三浦雄一郎さんのエベレスト登頂記念講演会

 去る9月25日(水)、クラーク記念国際高等学校主催による校長三浦雄一郎エベレスト登頂記念公開講演会を聞く機会に恵まれました。

 地上で最も高い8,848mのエベレストに70歳(2003年)、75歳(2008年)と過去2度の登頂成功。そして、この度の80歳にして3度目の登頂成功の体験談でした。 「史上最高齢の登頂記録」として歴史にその名を刻みました。

 1世紀程前にはじまった人類の南極点・北極点・エベレストへの挑戦など冒険家たちの歴史をひもとく話からはじまりました。頂上を目指すには過酷な条件が待っており「死力を尽して登る」と言う言葉が印象的でした。

20131001.jpg

 8,000mを超える山頂付近は酸素が地上の3分の1しかなく、何も準備しなければ、5分以上いたら人間は命を落とす世界であり、そのため酸素ボンベ、酸素マスクを常に携帯し相当な重量を背負うようです。

 会場から「登る時は頂上を見ながら登るのですか?」という質問には、「もちろん頂上を見ることもあるが、一歩一歩足もとを確かめながら登ります」「夢には人間をかりたてる何かがある、今自分が出来ることをコツコツとやることが大事である」と語るなど、感動の講演会でした。何らかの機会で本校生徒にも伝えていきたいと思います。

 クラーク国際高校の生徒、教職員の皆さんの笑顔で親切な対応に感謝します。ありがとうございました。

野球部、秋季大会優勝 支部代表として全道大会へ!

新チームになり数ヵ月、まだまだ荒削りながら一戦一戦ていねいな戦いで、6年ぶり14回目の全道出場権獲得です。
先輩たちが残してくれた伝統を受け継ぎ、試合ごとに生徒たちの成長していく姿が見られました。

20130919_02.jpg


倍返し、10倍返しで人気のテレビドラマ「半沢直樹」の著者である池井戸潤さんが「ルーズベルトゲーム」(講談社)という作品を書いています。(旭大高図書室にありますよ)
 
タイトルの由来は第32代米大統領F・ルーズベルトが語った“最もおもしろい野球のスコアが8対7”からきたようです。景気停滞の現代日本で社会人野球の様子がドラマチックに書かれています。野球好きの人間にはたまらない小説です。

10月7日から開催される札幌円山・麻生球場での全道大会、全校上げて保護者の皆様とともに野球部の活躍を期待しましょう。


 小説「ルーズベルトゲーム」の一節

“グランドで一つになろう”!

旭大高祭 テーマは愛縁機縁(あいえんきえん)

 7月末の地域伝統行事である永山屯田まつりへの参加等により、今年度は学校祭が9月12・13両日で開催されました。
準備期間などで心配する向きもありましたが、なんとか旭大高生のパワーに圧倒された2日間でした。
 12日(木)は体育祭としてクラス対抗の大縄跳び、背中渡し、綱引きなどクラス全員が参加できるものが多く、大縄跳びでは1年6組が見事なチームワークで回数を重ねて上級生を驚かす。各種目ともスリリングな戦い中にもユーモアがあり見ていて楽しいものがありました。

20130917_01.jpg


 2日目は、吹奏楽部の演奏からはじまりました。わが吹奏楽部は今年のコンクールでも5年連続全道金賞を射止めるなど演奏技術の高さが評価されています。その後のクラスパフォーマンスでは各クラスとも担任の先生の色合いも見え隠れするなどクラスの雰囲気や団結力など生徒たちの生き生きとした表情がベリーグッド。


20130917_02.jpg

 昼からは全クラスの模擬店とインターアクト部のフリーマーケット。一足早い秋の旭大高食べマルシェで満腹、各クラスともほぼ完売。


 今年の学校祭テーマは「愛縁機縁(あいえんきえん)」

 どこから探してきたのか難しい言葉で“人間同士、気が合うのも、合わないのも、目に見えない不思議な縁によるもの”という意味合いで仏教用語からきたようです。旭大高に集う生徒たちは不思議な縁で結ばれています。これからも仲間を大事に良き関係を築いていきたいものです。
 佐藤絵理香生徒会長さんをはじめ頑張ってくれた生徒たち全員に拍手です!

旭大高オープンスクール1

 8月29日(木)、旭大高第1回オープンスクールが行われました。
平日の午後という日程でしたが、中学生の皆さん、先生方、保護者の皆様方およそ200名ほどが参加してくれました。
在校生による司会進行、学校紹介、校舎見学、部活体験、本校の先生方による模擬授業(授業体験)でした。

20130904.jpg


終了後のアンケートには、「勉強と部活を両立できたり“the青春”を過ごせそう」「バスが無料でいいな」「先生方や受付の先輩もやさしくてイメージが変わりました」

授業体験では、「熱心でわかりやすい授業だったので良かったです。優しそうな先生が多くて、面白そうな先生もいました」

旭大高の生徒の印象では、「笑顔で親切に対応してくれました。ハキハキしてあいさつがとても明るく気持ちが良かったです」また、「吹奏楽部の演奏に感動しました。HrがすごくてHrを続けたいと思いました」「吹奏楽部の演奏を聴いた時、鳥肌が立ちました!すごく上手です♪」「とても雰囲気が良くて行きたくなりました」「今回、見学や部活体験に参加できなかったので、もう1回来て見学したいなと思いました」などたくさんの感想を寄せてくれました。ありがとうございます。
     
 本校では、このあと第2回オープンスクールが9月28日(土)、第3回オープンスクールが10月12日(土)と2回予定しています。

学校の様子をもっと知りたいという生徒さんたちには何回でも参加してください。

大歓迎です。お待ちしています。

最新の記事

各コースのニュース

アーカイブ