スキー部ブログ

  1. ホーム
  2. スキー部ブログ

最新のスキー部ブログ

雪上1次合宿

 9日より11日までの3泊4日で、旭岳雪上合宿に来ています。

 10月下旬に1度降雪があった時にも滑走できたようですが日程的スケジュールが合わず滑走出来なかったため、この合宿から初滑走となりました。

 合宿初日も思った以上に降雪量が少なく、滑走出来るか?不安でしたが、何と前日の8日に2キロのアスファルト舗装とナイター設備が完成しており、少量の雪でしたが、申し分なく練習ができました。コース幅も4m以上はあり、CLとFの両方を使用しても全く問題の無い素晴らしい状況となっておりました。

 現在は、北海道の中高生・青森県連・数校の大学チームなど100名程がコース内に入ってトレーニングをしていますが、以前あった渋滞状況もほぼ無く、ストレスのかからない練習が出来ています。

 我が部員達も、ローラーからどのようにスキーに移行できるか?てしたが、動作的に見ても支障の無い状態でうまく移行できたかなと感じています。段階を追って強かに着々と強化を推進していきたいと思います。

 時期的には少々早いですが、スピードメニューを組み込みたかったため、10日は19:00~20:00までのナイタートレを行いました。この時間帯での練習は本校のみでしたが、非常に快適であり、新しいLEDライトが本当に明るく、よい環境下の中でトレーニングを終了することができました。

 私の確認不足でしたが最後全体を集合させ、話をしていたところいきなりパッとすべての街灯が消えてしまいました。時計確認すると、20時ちょうどを指しておりましたので、皆さん計画的なナイタートレとなるよう、注意してください。

 明日で1次合宿は終了しますが、次の2次は17日からと比較的短い周期で次の合宿開始となります。悔いのないシーズンとなるよう、最善の最善を尽くして頑張っていきましょう!

旭岳ナイター2採用.jpg

 

百聞は一見に如かず

 本校OGであり、現在世界レベルで活躍している石田正子がスピード調整確認のため昨日と今日の2日間、本校部員達と共に汗を流しました。

 手前味噌ですが正子といえば、世界強豪を相手にディスタンス種目で常に安定した力を発揮し、メダル獲得までもう一歩のところまで登りつめている選手であり、過去にこれだけ安定して結果を残している日本人はいません。そんな正子ですが、まだまだ進化途中であり、スポンジのように吸収(学習)する能力を持っているのが彼女の凄いところ。

 走りの中で【まだ行ける(まだ上がる】のですが、どうしても行けない動作を確認する2日間ともなりましたが、間違いなく昨年より進化している彼女を確認しつつ、その頼もしい姿にうれしさを感じました。

 我が部員達も同じ時間を共有し合い、一緒になってトレーニングが出来たことは、正に【百聞は一見に如かず】でした。

 少なからずとも世界レベルとは?を実感した貴重な体験をしたはずであり、正子からの優しさの言葉の中に厳しさと執着心の低さというアドバイスは必ず今後の部員達のパフォーマンスに良い影響を与えてもらえるものとなりました。

 今月下旬から海外遠征出発し、1月上旬のツールドスキー参戦の予定となっており、間違いなく正子の更に進化したパフォーマンスが観られることを今からワクワクしています。

 そして、また正子の姿を夢見て追いかけていく後輩達が必ずいることを確認できた収穫ある2日間でもありました。

写真1.jpg

 

準備のとき

旭岳.jpg 昨日の旭岳です。一昨日、11月中旬並みの寒気が入り込み、写真では山肌がかなり見えていますが、一昨日は真っ白となっており、待っていた季節も、もうそろそろといったところです。

 

 私たちのホームグラウンドとなっている標高600mの場所では木々も色とりどりとなっており、着実に秋から冬へ向かっているなという感じがしています。

 

つぼみ.jpg

 昨日の午後は旭山動物園で有名な隣に旭山公園がありますが、そこでポールランニング&ジャンピングを行いました。

 ある樹木は紅葉を終え、木の葉のほとんどが落ちており、寒い冬を乗り越えるために、休眠する準備を始めていました。

 写真で解るかなと感じますが、終わると同時に来春に向けたつぼみをつけています。

 きっと春暖かくなると同時に若葉を出すための準備でしょう。大自然界も終わりと同時に始まる準備をしっかりしております。

 

ポールジャプ1.jpg

 我々は大自然界とは真逆に、これからのシーズンへ向かうために若葉の芽を今かと出す準備に余念の無いトレーニングに励んでいます。

 スピードをあげては確認し、更に戦術やアクシデントなども考慮した練習を行っています。

 どんな時も慌てず、自らのパフォーマンスを発揮できるようなシュミレーションをすることで、強くたくましい選手になって欲しいと願っています。

 さてどんな若葉と花を咲かしてくれるか?

 もうすぐに迫る残り少ない時間をお互いに大切にしていきましょう!

 

キノコ.jpg

 今日の午前トレを終え、午後トレまでの休憩時間に付近の森を散策したところ、もう既に晩秋に生えてくる霜降りしめじとムラサキしめじがあり、雪虫も飛び交っておりましたので、3~4日後には、下界にも初雪の便りがやってくるかも・・・

 9月下旬のOPスクール2回目には3名が部活動体験に来てくれましたが、ラストとなる3回目には2名の部活動体験生徒が来てくれることになっています。

 どんな新たな出会いが出来るか?部員共々楽しみにしています。 

 

 

 

 

 

初冠雪

 昨日の夕方に10月下旬並みの寒気が入り込み、大雪山系黒岳で初冠雪を観測したとのことです。例年より18日早い初冠雪となったそうです。予想では、今年の初雪も例年より早くなるとのことであり、ウインタースポーツを目指す関係者にとっては、嬉しい記事となりました。

 旭岳姿見の池周辺では、すでに紅葉のピークを迎えているようであり、あと1ヶ月ちょっとで雪上でのトレーニングも可能となる時期にきています。

 春のブログでも紹介しましたが、旭岳クロカンコースの一部が舗装工事に入っており、完成すれば少量の雪でも2km程度の滑走が可能となりますので、早い時期からの雪上トレーニングができると思います。

 それまでに現在不足している箇所のチェックを行いつつ、自信を持って冬場を迎えられるよう、残された期間を大事にかつ積極的に頑張っていきましょう!

 先日の16日(月)雨天の中でも強引にトレーニングをした後の天然キノコ汁は最高でした。

食当.jpg

 

 

 

 

 

 

食事中.jpg

 

 

 

 

 

 

 

エネルギー

 15日の今日は、早朝から雷、予報を見ると竜巻注意報やら大雨警報などがあり、安全を考慮して久し振りの中止とさせていただきました。本来なら多少(多量?)の雨でも関係なくトレーニングするのですが・・・。さて、三連休の初日となった昨日はホームコースといえる21世紀の森にて午前/ローラーCLトレ、午後/ポールRUN&Jumpingを実施しました。昨日の天気も不安定であり、特に午前中は雨を潜り抜けるように、うまくトレーニングを予定通りに消化することができました。。SPトレでは男子トップで15分かかる距離を男子3本・女子2本を入れ、いつも通り頑張っている部員達を冷静に見ていると、ふとエネルギーの作り方と使い方に疑問を感じる部員がいると同時に何と説明したら理解できるか?と思いついたのが、一般に使用されている乾電池を思い出し、【+で電気を供給し-方向に電気を流す】のと同じように運動エネルギーもどこでエネルギーを作り、どの方向へ流すのか?同じ極しかもっていなければエネルギーは出来ないし、エネルギー同士がぶつかればショートすると。早速、私自身も電気エネルギーについて詳しく知りたいと思い、今日の午前中はちょっと学習したのですが、【電気エネルギーは金属元素の自由電子が移動することによって発生する。】【電気は+から-に流れるが、電子は逆に-から+に流れている。】【ある一点において流入する電流の総和と流出する総和は等しい】などなど、今後の指導において使える学習も多くありました。改めて問題があるから発見できたという感じです。 さて、先週と同じく昼休みの時間帯でキノコ探しに出かけました。収穫したキノコは、先週に続くラクヨウキノコに下記写真にアップしましたハタケシメジとボリボリ(なら茸)でした。なお、ボリボリは、21世紀の森の主である鈴木さんからいただいたものです。今日の昼食でキノコ汁第2弾のボリボリとハタケシメジを使った味噌汁を用意していましたが、明日に移行して食べさせたいと思っています。 ここでも体内にどのようなエネルギーを蓄え、運動エネルギーに移行するかも重要です。生身の身体ですので、食する物によっても心と身体のバランスに変化が出てきます。逆に言えば心と身体のバランスが合わない者は、良い者を食べないとなるでしょうか? さぁ、良い物を食べ、良いトレーニングを出来るように、明日もしっかり頑張っていきましょう! ※このブログ記事ですが、改行が出来ない状態であり、読みづらいと感じている方も多いと思います。写真も指定したい位置にUPも出来ない状態であり、イライラしながら作成しています。なにやら今後のバージョンアップで解消されるとのことですので、我慢願います。ローラー2.jpgローラー1.jpgポールRUN4採用.jpgはたけシメジ.jpg

最新の記事

アーカイブ