スキー部ブログ

  1. ホーム
  2. スキー部ブログ

最新のスキー部ブログ

キトウシ国際サイクリング

中間テストが終わり、練習を再開しました。

 

とはいっても一週間も経ってしまっていますが。

 

6/9 

東川高校グラウンドにて、ランニング10分の後、メディシンボールとバランスボードを使った体幹トレーニング

テスト後の身体には、すこし大変な練習でした。選手たちも継続した練習の必要性を改めて感じたことでしょう。

その後スポーツアスリートのシューズのインソールを扱うBMZさんが来てくださり、選手たちの脚についてのデータを測定してくださいました。

IMG_6269.JPG

100%の力でパフォーマンスを発揮するには脚の状態は欠かせない要素の一つであると学び取りました。分かっていながらも、改めてその重要性と普段の練習の量ではなく質こそ大切なものだと実感しました。

三ヶ月後に改めて脚の状態を測定するので、意識することでどれだけ練習の質が向上するのか、楽しみです。

6/10

キトウシ国際サイクリングに参加しました。

今回は東川高校と北高校の生徒とともに、選手たちは70km、教員組は48km走ってきました。

IMG_6271.JPG

 

走り終わった後でも、かなり体力は余っていて、もう一週くらい走れると言っていたほどでした。クロスカントリーは技術や持久力も大切ですが、忍耐という精神的な面も大きく影響していきます。サイクリングは自分が走りきるまで終わらないので、今回のサイクリングで大きくとはいえないけれど、気持ちが強くなっていることでしょう。

次登山を取り入れたトレーニングが待っています。

ローラースキートレーニング

こんにちは。

 

先々週末のトレーニングの様子です。本来であれば旭川市から新十津川町までの往復約120km超のロードバイクトレーニングを予定しておりましたが、悪天候のために、急遽メニューを変えました。

IMG_6264.JPG

 

ローラースキーをしている様子は撮り忘れてしまいました。

 

この日は

・直列で走行し、ローラースキーを履いたまま約100分のランニング

・スティックを押す力だけでの走行

など約3時間ほどのトレーニングを行いました。

 

 

 ちなみに先週末はキトウシ森林公園にてロードバイクをレンタルし、約23km×3周のトレーニングを行いました。

東川町から天人峡へ向かう国道を走り、途中からはアップダウンの激しい花神楽へ抜ける道に入り、東神楽森林公園を横切って、東川町に戻ってくるコースを走り切りました。

総走行距離は約70㎞ですが、選手達は約2h10mで完走する好タイムでした。

さすがは雪上で足腰を酷使しているだけはあり、難なくこなすことができました。

 

今週末は中間試験があるため、あまり長い練習はできませんでしたが、6/10の長距離サイクリングの大会に向け調整することができました。本番では60㎞のコースを走る予定なので、今回のトレーニングが活きてくるのではないでしょうか。

 

今週末に期待です。

Trail Running Workshop

 先日、トレーニングの一環でトレイルランニングワークショップに参加して参りました。

 

 今年のシーズンが始まる前は、夏場でも持久力や競技中耐えうる精神力を養うべく、マラソンや登山、そしてトレイルランなどの、鉄人レースに参加する予定です。

 その準備となるワークショップが5/20(日)キトウシ森林公園のキャンモアスキー場麓にて開催されました。

 

 当校の生徒、顧問ともに参加し、東川高校のスキー部や旭川市内の中学生とともに一所懸命走りました。

IMG_6256.JPG

 講師には、TECNICAというスキー関連のツールを開発する会社より、トレイルランナーとしてサポートを受けている水澤さんが来られました。

 ダウンからトップへのランニングにより心臓のギアを一気にトップまであげるトレーニングから始まりました。山道を走り抜くためのテクニック、視点、足の置き場、体の裁き方などはもちろんですが、吸水のポイントや靴ひもの縛り方まど細かい点まで指導をいただきました。

IMG_6259.JPG

 最後は走ってみた感想と、ワークショップを通してのインプットを改めて振り返り、アウトプットへ活かすためにはどうするかということについて話していただきました。

 また機会があればご一緒に合宿を!という流れで、無事に終えました。

 

 シーズンイン前にどれだけ体身体を整えられるかで、結果が大きく変わります。今年も昨年と同じく結果を残せるように取り組みます。

 

 

 

ご無沙汰しておりました。

 ご無沙汰しておりました。

久しぶりの更新にあたり、現在のスキー部の状況をお知らせいたします。

今年度より顧問が二人の体制になっています。

顧問:岩崎加奈/松尾憲人

部員:男子1名 現在三年

となっております。新聞等の記事ですでに知られておられる方もいらっしゃいますところ恐縮ですが、来年度から休部ということになりました。

 数多くの結果を残し、現在多くの旭川大学高校スキー部出身の選手が多方面で様々な活躍を見せてくれています。その伝統あるスキー部が休部になるというのは大変心許ないことではございますが、本年度は生徒と顧問、ともに有終の美を飾るべく邁進してゆく所存でございます。

 

生徒より

 みなさんこんにちは!旭大スキー部の伊藤です。更新が五年間もされておりませんでしたが、日々の練習風景や感じたことをお伝えしたいと思い、再開することになりました。ぜひスキー部のことを知っていただけたらと思いますので、気軽に見てもらえると幸いです。さっそくですがお伝えしなければいけないことがあります。すでにご存じの方も多いと思いますが、今シーズンを持って旭大校スキー部の活動はお休みさせていただくことになりました。いきなり悲しい報告になってしまいますが、みなさんにも知っていただきたく報告しました。スキー部は長い歴史があるので残念なことではありますが、部員の減少など、理由はさまざまです。現在部員は私一人ですが、そんな中でも「旭大校がんばれ!「応援しているよ!」などほんとにたくさんの応援の声をいただき感謝の限りです。そのような言葉は日々私の原動力となり「がんばろう!」とい気持ちがより一層ましてくる大事なお言葉です。日々みなさんに感謝をしながら活動を続けていく決意です。

 今後もこのような形ではありますが多くのことを発信していきたいと思いますので。あたたかく見守っていただければ幸いです。今後とも旭大校スキー部をよろしくお願いします。

 

 

 さて、夏期の練習ですが、スキーの練習はできないので、トレーニングの一環としてサイクリングや登山などの活動をしていく予定です。またトレーニングの成果を見るためにトレイルラン、マラソンやサイクリングの大会等に出場する予定です。あまり関係のないように見えるかもしれませんが、夏期のトレーニングの積み重ねが、シーズン中の競技に結果として表れます。

 もちろんローラースキーを履いてのトレーニングもしていきます。

 残り一年、よろしくお願いいたします。

IMG_6242.JPG

 

雪上1次合宿

 9日より11日までの3泊4日で、旭岳雪上合宿に来ています。

 10月下旬に1度降雪があった時にも滑走できたようですが日程的スケジュールが合わず滑走出来なかったため、この合宿から初滑走となりました。

 合宿初日も思った以上に降雪量が少なく、滑走出来るか?不安でしたが、何と前日の8日に2キロのアスファルト舗装とナイター設備が完成しており、少量の雪でしたが、申し分なく練習ができました。コース幅も4m以上はあり、CLとFの両方を使用しても全く問題の無い素晴らしい状況となっておりました。

 現在は、北海道の中高生・青森県連・数校の大学チームなど100名程がコース内に入ってトレーニングをしていますが、以前あった渋滞状況もほぼ無く、ストレスのかからない練習が出来ています。

 我が部員達も、ローラーからどのようにスキーに移行できるか?てしたが、動作的に見ても支障の無い状態でうまく移行できたかなと感じています。段階を追って強かに着々と強化を推進していきたいと思います。

 時期的には少々早いですが、スピードメニューを組み込みたかったため、10日は19:00~20:00までのナイタートレを行いました。この時間帯での練習は本校のみでしたが、非常に快適であり、新しいLEDライトが本当に明るく、よい環境下の中でトレーニングを終了することができました。

 私の確認不足でしたが最後全体を集合させ、話をしていたところいきなりパッとすべての街灯が消えてしまいました。時計確認すると、20時ちょうどを指しておりましたので、皆さん計画的なナイタートレとなるよう、注意してください。

 明日で1次合宿は終了しますが、次の2次は17日からと比較的短い周期で次の合宿開始となります。悔いのないシーズンとなるよう、最善の最善を尽くして頑張っていきましょう!

旭岳ナイター2採用.jpg

 

最新の記事

アーカイブ