剣道部ブログ

  1. ホーム
  2. 剣道部ブログ

最新の剣道部ブログ

平成27年度スタート

今年度は4月5日に新入生集合で、3学年が揃っての剣道部がスタートしました。

4月9日に男子5名・女子5名の新1年生が入学式を終え、総勢男子14名・女子11名の25名になりました。

下宿生が多いため、生活の不安など様々なことを話ができればと、新入生歓迎合宿を10日~12日に学校で行いました。稽古以外の時間はコミュニケーションを取る一環として、25名を3班に分けて食事当番をしてもらい、カレーライスなどを美味しくいただきました。

稽古ではこの期間に男女総当たりのリーグ戦を行い、部員全員が今の自分の位置を把握しました。高体連の選手選考も近づいているので、全員が選手になろうと頑張っております。

今週の土曜日にはOBG会・剣道部後援会・保護者の方々にも参加していただき、新入生歓迎会を開催いたします。その様子は後日掲載させていただきます。

今年度もたくさんのご声援をよろしくお願いいたします!

平成26年度魁星旗+鳥海錬成会

更新が滞って大変申し訳ございません。

3月27日に出発し、28日~31日まで秋田での魁星旗

4月1日~3日まで酒田へ移動し、鳥海錬成会へ参加させていただきました。

<魁星旗>

男子=1回戦対横浜高校-2人残し負け

女子=3回戦対盛岡白百合-1対1本数負け

以上のようなに残念な結果になりました。

男子は奇しくも12月にご指導いただいた北条忠臣先生の母校との対戦となり、不用意な技を出したところを取られ、逃げ切れました。

女子は上段相手に2本取られたのが響き、本数負けでした。

どちらもあと一歩足りない展開に課題を残し、酒田へ移動しました。

<鳥海錬成会>

男女とも魁星旗に出場した強豪揃いで、勝敗によって組み合わせが変わってくるため、課題を気にしつつ、勝敗にこだわって試合をしてきました。

レギュラーを固定せず、競争意識を持ってもらい、それぞれが持ち味を発揮し、非常に充実した錬成会になりました。やはり強い相手から学ぶことは多く、段々選手も慣れてくると動きも良くなります。

この感覚を忘れないように、今後の稽古に取り組みたいと思います。

平成26年度卒業式+第49期生追い出し稽古・送る会

今年度も卒業生を見送る時期が来ました。

2月28日に本校で追い出し稽古とトーヨーホテルでの送る会を開催しました。

追い出し稽古では、卒業生の指名による在校生との対抗試合を行い、

ご覧の通りの結果になりました。卒業生の完勝です!

追い出し稽古H26試合.jpg

その後が、まさしく追い出し稽古と言われる内容で、卒業生は全員との地稽古・そして掛かり稽古です。

顧問・後輩たちから激しい稽古をもらいましたが、全員が乗り越えました。

稽古後にボロボロになっていた卒業生ですが、カメラを向けるとこのポーズ。役者ですね。

追い出し稽古H26.jpg

場所を移動しての送る会ですが、OBG会・剣道部後援会からも参加して頂き、

生徒・保護者を交えての盛大な会となりました。

恒例で笑いあり、涙ありと思い出に残るものになりました。

会が終了した後の集合写真です。

送る会H26.jpg

たくさんの試練を乗り越えた卒業生の姿にたくましさを感じ、次の日の卒業式を迎えました。

いよいよ最後となり、集合写真を撮りました。

卒業式H26.jpg

たくさんの思い出があり、寂しい気持ちになりますが、きっと成長した姿でまた会えると思い、

49期生の今後に期待して見送りたいと思います。

本当にお疲れ様でした。これからも頑張ってください!

また卒業生に変わりまして、応援してくださった皆様にお礼申し上げます。ありがとうございました。

 

第35回白鵬旗争奪高等学校剣道大会

1月31日錬成会、2月1日勝ち抜きによる大会が北見市で開催されました。

男子=5人制(54チーム参加)

○Aチーム(菊地・小林享・小林拓・後藤・林上)

1回戦-シード

2回戦-対恵庭南C(2人残し勝)

3回戦-対北見柏陽(3人残し勝)

準々決勝-対札幌日大A(3人残し負)

○Bチーム(岡崎・高橋・笠井・富川)

1回戦-対札幌丘珠・札幌第一合同(大将戦負)

女子=3人制(42チーム参加)

○Aチーム(尾上・鈴木・照井)

1回戦-シード

2回戦-対野幌・滝川合同(3人残し勝)

3回戦-対帯広南商(3人残し勝)

準々決勝-石狩南(2人残し負)

※尾上=優秀選手

○Bチーム(菊地・高橋・田丸)

1回戦-シード

2回戦-対石狩南・恵庭南合同(2人残し勝)

3回戦-対北見柏陽(2人残し勝)

準々決勝-対札幌日大C(2人残し負)

男女とも悔しい結果に終わりました。

前日の錬成会では男女ともに全勝で、そこからくる慢心か?また全道新人戦から剣道を意識的に変えているための迷いか?またその両方か?

何かしっくりいかずに終わってしまい、気持ちの問題が大きな課題となりました。

日頃の積み重ねが大切になるので、切り替えてさらに稽古に励みます!

悪天候の中、保護者のみなさん応援有り難うございました。

第34回北海道高等学校新人剣道大会兼第24回全国高等学校剣道選抜大会北海道予選会

1月7日~8日に北海道立総合体育センターで開催されました。

<男子団体>

○予選リーグ

対帯広柏葉3-1勝ち

対伊達1-0勝ち

対東海大四0-3負け

予選リーグ敗退

<女子団体>

○予選リーグ

対札幌丘珠4-0勝ち

対伊達3-0勝ち

○準々決勝

対岩見沢緑陵3-1勝ち

○準決勝

対札幌日大1-1代表戦負け

第3位

<男子個人>

林上龍基 4回戦進出(ベスト16)

<女子個人>

尾上舞 4回戦進出(ベスト8)

照井瑚佑覇・鈴木杏都季 3回戦進出(ベスト16)

以上の結果になりました。

男子は優勝した東海大四にひるむことなく攻めましたが、日頃からの悪い癖が出たほんの一瞬の隙をつかれて負けました。結果は出ませんでしたが、次に向けて色々なことがわかってくれたと思います。

女子は緊張しながらもチームワーク良く戦い、準決勝まで進みました。リードされる展開になりましたが、この大会での本校選手の有効打突の中では最高といえる“鈴木の面”で追いつき代表決定戦になりました。良く攻め・良く粘ったこの接戦を照井に託しましたが、惜しいところで相手に取られ、悔しい敗戦となりました。

高体連に引き続き、代表決定戦での敗退です。こういう場面で勝ちを持ってこられるエースが育てられるか否かが今後の課題となりました。

大会直前は学校で合宿を行い、3年生に食事を作ってもらいました。カレーライスや豚丼はかなり好評でした。ありがとうございました。

また悪天候の中、応援に来てくださった保護者さん・卒業生・新入学希望者など多くの方々の応援に支えられて大会に臨むことができました。この場をお借りして感謝申し上げます。

また夏の高体連に向けて稽古を積んでいきたいと思います。今後とも応援を宜しくお願いいたします!

全道新人H26.jpg

 

最新の記事

アーカイブ