剣道部ブログ

  1. ホーム
  2. 剣道部ブログ

最新の剣道部ブログ

教育実習(H27)

6月8日から3週間の日程で、本校剣道部46期生の林康平先輩と伊東拓哉先輩が教育実習に来ました。

インターハイ予選前ということもあり、忙しい中でしたが熱心に稽古にも参加してくれ、大変助かりました。

それぞれ現在の大学では副主将と主務を務めていることもあり、人間的な成長も感じられ、顧問としても嬉しく思いました。

伊東先輩の研究授業は見学でき写真も撮れましたが、林先輩の研究授業は中体連審判に行っており、手違いもあって撮影できませんでした。また最終日も全日本学生選手権に移動しなければならずに剣道着・袴姿で撮れませんでしたが、忙しいのは活躍しているということなので、仕方ないと考えております。

この3週間で実習を終えた先輩方は、この経験を活かして欲しいですし、在校生は先輩方からの教えを活かしてくれればと思います。

本当にありがとうございました。お疲れさまでした。

実習H27.JPG

006.JPG

国体道予選(H27)

6月28日に北海道立総合体育センターで行われました。

1次リーグは3人リーグ、2次リーグは5人リーグでこれを1位で勝ち上がれば北海道代表になります。

<少年男子>

林上龍基・小林拓真-2次リーグ敗退

<少年女子>

鈴木杏都季・尾上舞-北海道代表

照井瑚佑覇・菊地由利香-2次リーグ敗退

照井杜稀矛-1次リーグ敗退

以上の結果になりました。

今回は2年前の岡崎みずほに続いて、本校から2人が国体選手になりました。

鈴木・尾上ともに全勝で勝ち上がり、北海道代表になったのは感動でした。

2人の活躍で、顧問の私も北海道代表の監督になりました。

重圧はありますが、北海道のために頑張りたいと思います。

また代表になれなかった選手も惜しいところまでいきました。

これもインターハイ予選の悔しさを稽古にぶつけ、気持ちを切らさなかったからだと思います。

頑張れば、一生懸命努力すれば、報われるということを見せてくれたことに感動しました。

国体は10月2日~4日に和歌山県那智勝浦町で行われます。

鈴木以外の3年生の公式戦は終了しましたが、その分も頑張ってくれることを期待します。

いつものことながら、たくさんのご声援や差し入れをいただき、ありがとうございました。

高体連全道大会(H27)

今年度は6月16日~19日に旭川市総合体育館で行われました。

<男子個人>

林上龍基-3位

菊地一輝・小林拓真-1回戦敗退

<女子個人>

尾上舞-ベスト8

鈴木杏都季-ベスト16

照井瑚佑覇・田丸睦・照井杜稀矛-1回戦敗退

<男子団体>ベスト8

○予選リーグ-2位

対北見工業 3-1勝

対帯広南商 3-0勝

対函大有斗 4-0勝

対恵庭南 1-2負

○決勝トーナメント1回戦

対北海 1-0勝

○準々決勝

対札幌日大 0-3負

<女子団体>3位

○予選リーグ

対網走南ヶ丘 3-1勝

対遺愛女子 4-0勝

対札幌丘珠 3-0勝

対双葉 2-2本数勝

○準々決勝

対帯広南商 5-0勝

○準決勝

対札幌日大 2-2代表戦負

○シード決定戦

対東海大四 2-1勝

<優秀選手>

林上龍基・鈴木杏都季

以上の結果になりました。

地元開催で男女アベック優勝を狙って大会に臨みました。

慎重な試合展開が多くなってしまい、なかなか思い切った技が出せませんでしたが、悪いなりに男女ともに団体戦は決勝トーナメントに進出しました。揃っての進出は5年ぶりになります。

個人戦においては林上が勝ち上がり、あと1勝で全国の所まできましたが、内容は良かったものの惜しくも敗退でした。男子の個人ベスト4は16年ぶりでしたが、何とも悔しい敗戦でした。

最終日の団体は男子が勢いに乗れず、ベスト8敗退でした。思い切った試合ができればと稽古を積みましたが、まだ甘さが目立ち、多くの課題を残しました。最終的には3年生が頑張ってくれましたが、このチームは2年生が3人ですので、今後に期待して鍛えていきたいと思います。

女子については準々決勝を勢いよく勝ち、準決勝で進出、1月の選抜予選と同じ対戦となりました。

先鋒1本勝ち、次鋒分け、中堅1本負け、副将2-1勝ち、大将も延長までいきましたが1本負けで前回と同じ代表戦になりました。一番勢いのあった鈴木を送り、試合の流れを持ってくるくらいの攻めを続けて、途中旗の上がる技がありましたが、延長の末敗退。何とも悔しい結果となりました。このあとのシード戦に気持ちを切り替えて臨み、勝利したことは閉会式でも大会長からお褒めの言葉をいただき、うれしく思いました。

今回の大会前から多くの方々に稽古に来ていただいたり、激励をしていただき、本当にありがとうございました。大会期間中も卒業生や卒業生の保護者さんからもたくさんの差し入れや会場での応援をいただき、生徒共々本当に励みになりました。みなさんのご期待に応えられず、申し訳なく思っております。3年生にとっては最後になる国体予選で頑張らせたいと思いますので、引き続きご声援をいただければ幸いです。

男女共々目標を達成できなかったことに悔しさが残りますが、今回の経験を様々な面に活かせて、今後の成長に繋げていきたいと思います。

004.JPG

高体連旭川支部大会(H27)

5月26日~27日に旭川南高校において上記大会が行われました。

<男子団体>優勝(3年ぶり)

○予選リーグ

 対旭川高専 3-0勝

 対苫前商業 3-0勝

 対旭川凌雲 1-2負

○決勝リーグ

 対旭川北  3-1勝

 対旭川龍谷 2-1勝

 対旭川商業 4-0勝

勝者数差で本校が1位

<女子団体>優勝(5年連続)

○決勝リーグ

 対苫前商業 5-0勝

 対旭川商業 3-2勝

<男子個人>

1位-林上 龍基

3位-小林 拓真

3位-菊地 一輝

7位-後藤 有輝

3回戦敗退-富川 滉矢・岡崎 照大

2回戦敗退-小林 享平・久保田和弥

※6位までが全道大会出場権を獲得のため、3名が出場

<女子個人>

2位-田丸  睦

3位-尾上  舞

3位-照井杜稀矛

5位-照井瑚佑覇

6位-鈴木杏都季

2回戦敗退-菊地由利香・高橋 春花・山口 陽夕

※6位までが全道大会出場権を獲得のため、5名が出場

以上の結果になりました。

男子は今年の場合、どこの学校にもチャンスがある実力が拮抗している状況でした。そのなか本校は予選リーグにおいて、なかなか思い通りにいかず苦しい展開で、一度負けてしまったこともあり、決勝リーグは気持ちを切り替えて攻めに徹して、勝者数差で優勝することが出来ました。

女子においても個人戦で優勝を逃し、引きずる展開になるとまずいと思いましたが、良く切り替えて本来の出来からはほど遠い内容でしたが、優勝することができました。

やはり勝負の世界は厳しいですし、うまくいかないことの方が多いのかもしれませんが、決して諦めることなく全力で試合をしてくれました。この苦しい経験を通して成長してくれたと思います。今後に期待したいと思います。

またいつものことながら、平日にも関わらず、保護者の皆様、OBGの先輩方、たくさんの応援と差し入れをいただき、本当にありがとうございました。今後とも宜しくお願い致します。

支部H27.jpg

北海道剣道段別選手権大会(H27)

5月24日に北海道立総合体育センターにおいて、上記大会が行われました。

4月26日の旭川予選を勝ち抜いた13名が本校から出場しました。

<男子二段の部>

岡崎照大・久保田和弥-ベスト16

<男子三段の部>

小林拓真-ベスト8

林上龍基-ベスト16

後藤有輝-1回戦敗退

<女子初段の部>

上田楓花-ベスト8

<女子二段の部>

照井瑚佑覇・山口陽夕・照井杜稀矛-ベスト8

菊地由利香・高橋春花-2回戦敗退

<女子三段の部>

鈴木杏都季-ベスト8

尾上舞-2回戦敗退

以上の結果になりました。

ベスト8が6名とあと一歩で入賞を逃しましたが、試合内容は悪くなかったように見えました。

明日からの高体連に向けて、良い準備が出来たと思います。

またOBGの先輩方も多く出場しており、40期生の平田基洋先輩が7月12日に札幌市で開催される第57回東北・北海道対抗剣道大会の選手になりました。本校OBGとしては久しぶりのことだと思います。この大会には顧問も出場でき、教え子との晴れ舞台を楽しみに生徒共々稽古に励みたいと思います。

いつものことですが、たくさんの保護者さんや卒業生の先輩方応援をしていただき、ありがとうございました。

今後とも宜しくお願い致します。

最新の記事

アーカイブ