陸上部ブログ

  1. ホーム
  2. 陸上部ブログ

最新の陸上部ブログ

旭川支部高等学校新人陸上競技大会

8月19日~20日の日程で、新人戦支部大会が開催されましたので結果を報告いたします。

~結果~

<男子>

○100m

3位 田中 崚② 11秒50(-1.6)

5位 平山誠之助② 11秒64(-1.6)

○200m

3位 田中 崚② 23秒21(-0.2)

4位 平山誠之助② 23秒30(-0.2)

○400m

2位 窪田 一飛② 51秒11

4位 濱岡 凌平② 51秒56

○800m

優勝 塩崎 元汰② 2分00秒64

3位 浮橋 羽海① 2分07秒84

○1500m

3位 眞鍋 隼也① 4分24秒37 ☆自己記録更新☆

○5000m

4位 宍戸 亮介① 18分06秒62 ☆自己記録更新☆

○110mH

3位 卯子澤 采太① 18秒19(0.0)

○3000mSC

優勝 小柳 竣① 11分02秒24 ☆自己記録更新☆

2位 宍戸 亮介① 11分07秒11 ☆自己記録更新☆

○4×100mR

優勝 田中 崚②平山誠之助②窪田一飛②濱岡凌平② 43秒42

○4×400mR

優勝 塩崎元汰②窪田一飛②平山誠之助②濱岡凌平② 3分27秒81

○走高跳

優勝 伊藤 凜① 1m87cm ☆自己記録更新☆

○走幅跳

優勝 髙橋 泉太郎② 6m49cm(+0.2) ☆自己記録更新☆

2位 平田 陽太① 6m18cm(-1.5)

○三段跳

3位 髙橋 泉太郎② 12m71cm(+2.4)

4位 平田 陽太① 12m11cm(+1.1) ☆自己記録更新☆

○円盤投

4位 野辺地 敏希② 29m53cm ☆自己記録更新☆

○やり投

優勝 野辺地 敏希② 55m71cm

5位 濱岡 凌平② 44m79cm

 

<女子>

○100m

2位 山浦 那歩② 13秒22(-1.3)

3位 木戸 あおい① 13秒52(-1.3)

○200m

2位 山田 千詠② 26秒18(-1.4)

3位 佐藤 真夢② 27秒08(-1.4)

○400m

優勝 山田 千詠② 58秒44 ☆自己記録更新☆

2位 池田 朱桜① 1分00秒35 ☆自己記録更新☆

○800m

3位 池田 朱桜① 2分26秒48 ☆自己記録更新☆

○100mH

優勝 竹内 茉由美① 17秒21(+0.3) ☆自己記録更新☆

2位 大下 美咲① 17秒74(+0.3) ☆自己記録更新☆

○400mH

優勝 竹内 茉由美① 1分12秒38 ☆自己記録更新☆

2位 大下 美咲① 1分12秒84 ☆自己記録更新☆

○4×100mR

優勝 松村紗希①山浦那歩②佐藤真夢②山田千詠② 50秒29

○4×400mR

優勝 池田朱桜①齋藤佑奈②佐藤真夢②山田千詠② 4分03秒41 ☆大会新記録☆

○走高跳

2位 佐藤 真夢② 1m45cm ☆自己記録更新☆

5位 柴田 瑞姫② 1m35cm

○走幅跳

優勝 松村 紗希① 5m31cm(+1.2) ☆自己記録更新☆

3位 山浦 那歩② 5m05cm(-0.3) ☆自己記録更新☆

○三段跳

優勝 松村 紗希① 11m45cm(+0.3) ☆自己記録更新☆大会新記録☆

2位 横山 久江② 10m03cm(+0.2) ☆自己記録更新☆

 

優勝14種目含む42種目において全道新人大会の出場権を獲得することができました。全道新人大会は9月13日~15日の3日間の日程で、札幌市厚別公園競技場で開催されます。多くの種目で入賞そして優勝できるように、残りの少ない期間を無駄にせず現時点での課題を明白にして練習に励みます。DSC_1218.jpg

山形インターハイ

7月29日~8月2日の5日間の日程で、山形県天童市で開催された第70回全国高等学校陸上競技対校選手権大会に出場してきました。今回で本校はインターハイ50年連続出場となる節目の大会となりました。全国の中でも50年連続出場は他にはない記録なのではないでしょうか。そんな記念すべき節目の大会で全国入賞者を輩出することができましたので、結果を報告いたします。

~結果~

男子800m 室井 華音③ 予選組8着 1分57秒20 ☆自己記録更新☆

男子400mH 小野寺将太③ 予選1着 52秒55 

準決勝1着 51秒56 ☆自己記録更新☆道北高校新記録☆

決勝4位 52秒56

DSC_2001.jpg

男子走幅跳 三宅 樹③ 予選組20位 6m82cm(+1.5)

男子やり投げ 野辺地敏希② 予選組25位 52m82cm

女子400m 月岡 秀美③ 予選組7着 59秒56

女子走高跳 日下未津絹③ NM (1m63cmより試技)

女子4×100mR 山浦那歩②大景貴予③山田千詠②月岡秀美③ 予選組7着 49秒31

DSC_1722.jpg

女子4×400mR 山田千詠②月岡秀美③佐藤真夢②池田朱桜① 予選組7着 3分58秒05 ☆チームベスト更新☆

 

400mHにおいて小野寺将太が4位に入賞することができました。本校としては10人目のインターハイ入賞選手です。準決勝では全体1位通過となる51秒台の記録をマークし、決勝に臨みました。決勝では準決勝のタイムを更に更新しようと力んでしまい、ハードル間の歩数をミスしてしまい満足のできる順位とはなりませんでした。ですが堂々たる順位を勝ち取ることができ、昨年からの目標である全国入賞を収めることができました。

DSC_2063.jpg

その他の選手も、全国の舞台でそれぞれに力を発揮しました。自己記録更新やチームベスト記録更新などこの舞台を大いに楽しみ戦い抜くことができました。

本校陸上部はインターハイが終了地点ではなく、この先には国体やU-18/20日本選手権、新人戦などシーズン後半戦に入ります。インターハイで感じた全国の雰囲気を忘れず高い意識で後半戦をスタートしていきます。

   DSC_2200.jpg

第70回北海道高等学校陸上競技選手権大会

6月13日(火)~16日(金)の4日間の日程で、山形県で開催される全国高校総体の最終予選である標記大会が開催されました。今年度の開催は、ホームグランドでもある旭川花咲スポーツ公園陸上競技場が舞台であり、地の利を活かし戦ってきました。

~結果~ ※入賞者のみ

<男子>

◎800m

第6位  室井 華音③ 1分57秒66

◎400mハードル

優勝   小野寺 将太③ 52秒17 ☆大会新記録☆☆自己新記録更新☆

◎4×100mR

第7位  田中 崚②三宅 樹③平山 誠之助②成田 開也③ 

42秒67

◎走幅跳

第3位  三宅 樹③ 6m94cm(+2.2)

◎やり投げ

優勝  野辺地 敏希② 57m19 ☆自己記録更新☆

女子

◎400m  

第6位 月岡 秀美 59秒83

◎110mH 

第7位 大景 貴予 15秒06(ー2.4) ☆自己記録更新☆

◎4×100mR 

第5位 山浦 那歩②大景 貴予③山田 千詠②月岡 秀美③ 

49秒23 ☆チームベスト記録☆

◎4×400mR

第2位 池田 朱桜①山田 千詠②酒巻 佳奈③月岡 秀美③ 

3分58秒89 ☆チームベスト記録☆

◎走高跳  

第2位  日下 未津絹③ 1m61cm ☆自己記録更新☆

◎七種競技

第7位  佐藤 真夢② 3430点

 

8種目16名のインターハイ出場を決めることができました。チャンスのある種目で失敗があるなど、満足のいく結果ではありませんでしたが、今出せる力を精一杯出しての結果です。悔しさがあるから次がある。インターハイを決めた選手は、この悔しさを満足のいく結果として、インターハイを逃した選手は次戦へ向けて気持ちを新たに練習に励みます。

DSC_6454.jpg

 

 

第70回高体連陸上競技旭川支部予選会

5月23日~25日の3日間の日程で開催された、高体連支部予選に出場しました。今大会は山形インターハイへと繋がる重要な大会であり、ブロック大会である北海道大会の出場権の獲得と学校対抗優勝を目指して、3日間チーム一丸となり戦ってきましたので結果を報告します。

~結果~

男子

学校対抗 総合優勝(3年連続27回目) トラック優勝 フィールド第2位

◎100m

優勝 成田 開也③ 11秒01(+1.4)

3位 田中 崚② 11秒24(+1.4) ☆自己記録更新☆

◎200m

優勝 成田 開也③ 22秒22(+1.2) ☆自己記録更新☆

◎400m

優勝 小野寺 将太③ 49秒11

4位 窪田 一飛② 50秒68 ☆自己記録更新☆

5位 濱岡 凌平② 51秒10 ☆自己記録更新☆

◎800m

優勝 室井 華音③ 1分58秒97

4位 塩崎 元汰② 2分01秒19 ☆自己記録更新☆

◎1500m

3位 室井 華音③ 4分13秒88

◎110mH

5位 卯子澤 采太① 19秒30(-1.2)

◎400mH

優勝 小野寺 将太③ 52秒89 ☆大会新記録☆☆自己記録更新☆

4位 福永 翼③ 59秒05

◎4×100mR

優勝 田中 崚②三宅 樹③小野寺啓太①成田 開也③ 43秒07

◎4×400mR

優勝 窪田 一飛②成田 開也③室井 華音③小野寺 将太③ 3分20秒51

☆大会新記録☆

◎走高跳

3位 伊藤 凜① 1m80cm

5位 高井 慎太郎③ 1m75cm

◎走幅跳

2位 三宅  樹③ 6m31cm(-0.6)

3位 高橋 泉太郎② 6m25cm(-0.2)

◎三段跳

5位 高橋 泉太郎② 12m54cm(0.0)

◎円盤投

5位 野辺地 敏希② 28m52cm

◎やり投げ

優勝 野辺地 敏希② 56m45cm ☆自己記録更新☆

◎八種競技

優勝 福永 翼③ 4064点

女子

学校対抗 総合優勝(4年連続14回目) トラック優勝 フィールド優勝

◎100m

優勝 大景 貴予③ 12秒85(+0.6)

2位 月岡 秀美③ 12秒89(+0.6) ☆自己記録更新☆

4位 山浦 那歩② 13秒04(+0.6) ☆自己記録更新☆

◎200m

優勝 月岡 秀美③ 26秒43(+1.0)

3位 大景 貴予③ 27秒34(+1.0) ☆自己記録更新☆

◎400m

優勝 月岡 秀美③ 59秒59

4位 池田 朱桜① 1分02秒37 ☆自己記録更新☆

◎800m

5位 池田 朱桜① 2分27秒95

◎100mH

優勝 大景 貴予③ 15秒44(-0.8) ☆自己記録更新☆

3位 酒巻 佳奈③ 16秒36(-0.8) ☆自己記録更新☆

◎400mH

2位 酒巻 佳奈③ 1分07秒26 ☆自己記録更新☆

6位 竹内 茉由美① 1分20秒04

◎4×100mR

優勝 山浦 那歩② 大景 貴予③ 月岡 秀美③ 木戸 あおい① 50秒56

◎4×400mR

優勝 池田 朱桜① 佐藤 真夢② 酒巻 佳奈③ 月岡 秀美③ 4分04秒43

◎走高跳

優勝 日下 未津絹③ 1m57cm ☆自己記録更新☆

◎走幅跳

2位 松村 紗希① 4m95cm(+3.2)

◎三段跳

優勝 松村 紗希① 10m74cm(-0.3)

◎砲丸投

5位 松村 紗希① 6m51cm

◎やり投げ

6位 佐藤 真夢② 26m61cm

◎七種競技

優勝 佐藤 真夢② 3412点 ☆自己記録更新☆

 

※上記入賞種目、全道大会出場権獲得

 

長い冬季練習を終え確かな手応えを感じ今シーズンを迎えましたが、4月下旬頃より故障者が続出し

苦しいスタートとなりました。その中でも、優勝18種目を含む40種目で全道大会の出場権を獲得

し男女総合優勝を獲得できたことは、チームとして最低限の結果を残せたのではないかと思います。

個々人の結果は、努力が実った選手と課題が浮き彫りとなった選手がいますが、この大会がゴール地

点ではありませんので、これから2週間で更なる成長をし全道大会で結果を残せるように反省してい

きたいと思います。

1人でも多くの選手が山形インターハイで活躍できるように、短い期間一日一日を大切に過ごしていきます。

今後とも旭川大学高等学校陸上部をどうぞよろしくお願いします。H29支部.jpg

春季千葉県合宿

平成29年4月1日~5日の5日間の日程で、春季合宿を実施しました。千葉県での合宿も今年で5年目になります。今年は天候に恵まれ、暖かな陽気の中で予定通りの練習を行うことができました。

合宿では、先輩である高平慎士選手(富士通)が応援と後輩への指導の為、東京からかけつけてくれました。シーズンが始まりお忙しい中お越しいただいたことは、選手と顧問共々嬉しい限りです。

高平選手から頂いたアドバイスをこれからの部活動生活で活かしていけるよう、選手たちは熱心に話を聞いておりました。オリンピックメダリストのからのアドバイスは心に響くものばかり。この貴重な体験は、選手の成長に大きく変化をもたらすものだと確信しています。H29千葉②.JPGH29千葉⑤.JPGH29千葉①.JPGH29千葉③.JPGH29千葉④.JPG

※高平選手との練習風景

H29千葉⑥.JPG

H29千葉⑧.JPGH29千葉⑦.JPG

※順天堂大学での集合写真&食事風景

 

今年度は39名と私が顧問を務めてから最大の規模でのスタートとなります。それぞれが思い描いているシーズンとなるように、日々の練習から意識高く励んでいきます。

今後とも旭川大学高等学校陸上部をよろしくお願いします。

最新の記事

アーカイブ