スキー部ブログ

  1. ホーム
  2. スキー部ブログ

最新のスキー部ブログ

ラーメンの会

Photo

 9月29日から10月3日までの5日間、学期間休業に入っていました。当初は、ミニ合宿を21世紀の森での自炊合宿を予定していましたが、クマの出没が多いことや台風の影響で天候も悪そうと判断し、通いでの練習会を実施しています。

 自炊合宿をした際には、お手製のラーメンを御馳走しようと考えていましたが、取り止めにしたため、これもキャンセルしようと思っていましたが、どうしても食べたいとの要望で昨日、私の自宅でラーメンの会を実施しました。

 味は塩、もちろんスープも2日間かけて作成し、チャーシュー、メンマも手作り、そして行者ニンニクは、春に1日貰って必死に採取してきたものを添えてのラーメンが写真の通りです。

 みんな一同に美味しいと言ってくれたのですが、スキーと同様に美味しいだけでは、この先のラーメンの進化進展が無いと言ったのですが、答えは出ずでした。

 さて、肝心のスキートレーニングですが、順調に準備が進んでいます。ただ、ラーメンと違って、これで良し!はありませんので、どこまでいってもゴール設定はありません。

 【大きな器は時間をかけて創り上げられる】というテーマの文章を先日依頼があって提出しましたが、【本当に大きな器は完成に至らない】と思っています。私も子供たちも常に日々の練習での臨床を繰り返し、常により良いものへと追及していく中で、完成があれば、やはりそこから崩壊が始まります。型あるものは必ず崩れる(崩される)が基本ですので、過程はあってもゴール設定無しが基本です。

007 食事の風景ですが、6名の部員達(1名が手しか映っていませんが・・・)が2012年度毎日時間をかけて自らの器を創り上げて行く過程の出来栄えはどうか?

 私も部員達も過程を楽しみつつ、真剣に創り上げていきたいものです。

 写真がボケていますが、許してください。

 

 

オープンスクールⅠ

 9月15日の昨日、本校の第1回目となるオープンスクールが実施されました。
 午前中は、学校紹介や各コースのプレゼンを代表生徒達が行った後、各コースに分かれての模擬授業、スキー部員が所属する体育コースでは、各授業で行っている体育実技の発表会を披露しました。中学生も加わり一緒になって汗をかく場面もあり、たいへん盛り上がってくれました。中学生の皆さん、ありがとうございました。
 午後は体験部活動ということで、今回はスキー部に4名の参加生徒が来てくれました。元気いっぱいの笑顔で加わり、いつも実施しているコンデショニング系のトレーニングを90分ほど実施しましたが、メニューがきつめであったため、帰りはクタクタと満足感という大きなお土産を持って帰ってくれました。来年春、我がスキー部仲間の一員として入部してくれることを心から期待しています。心配事は今日の朝食で箸を持って食べれたかが気になるところですが、必ず自らの血となり肉となる成長の痛みとなりますので、我慢してください。
 第2回目は10月13日(土)となります。本校のホームページでも紹介されていますので、是非我がスキー部入部をしてみたいと思う生徒さんは、気軽な気持ちで参加してみてください。百聞は一見にしかずです。きっと良い体験となるはずですので、よろしくお願いします。
 また、オープンスクールのみならず、部のトレーニングに参加してみたいと思っている生徒さんがいらっしゃいましたら、いつでも申込を受け付けますので、御気軽にご連絡ください。

全日本ローラースキー選手権大会

 先日、秋田県鹿角市で開催された第23回目となる全日本ローラー選手権大会に参加してきました。スキー部として全員で参加したのは、今回が初めてとなりました。

 ある程度の緊張感の中で、自らのパフォーマンスが発揮できるか?を確認する上でも、参加して良かったと感じています。部員達もそれぞれの確認や課題が出来、残り少なくなったオフトレの方向性も見えてきたと思います。

 10月下旬頃から雪上トレが開始できるとすると、後2ヶ月あまりのオフトレとなります。とにかく、しっかりと準備し、後悔のしない練習をしていきましょう!

結果は以下の通りです。(男子参加51名・女子参加31名)

 ・男子10kmCL  17位藤本将史、20位島貫聖也、39位菊地 空、40位山下翔大

 ・男子10kmF       9位藤本将史、20位菊地 空、24位島貫聖也、35位山下翔大

 ・女子8kmCL       2位田中ゆかり、11位矢萩瑞奎

 ・女子8kmF         2位田中ゆかり、6位矢萩瑞奎

部員紹介【その6】

 部員紹介の最終回となりますが、春から紹介し始めてから今までかかってしまったことをお詫び申し上げます。

 今回は、2年藤本将史です。今年度の主将です。戸惑いながらも、皆と助け合い、協力し合いながら、うまくチームをまとめてくれています。昨年の全日本選手権リレーではアンカーを務めましたが、3走までは4位通過でしたが、周囲のレベル差についていけず、11位ゴールとなり、入賞を逃す大変悔しいレースをしてしまいました。先輩方に申し訳ない気持ちと自分の明らかな力不足に、泣きじゃくっていました。私がかけた言葉は、悔しい気持ちを忘れず、必ず強くなりなさいでした。現在、その気持ちを忘れない姿勢と集中力持って精一杯努力しています。今シーズン、新たな新鋭が出てくることを期待しています。

 それでは、本人談です。

Photo 昨シーズンは、とても悔しい思いをした一年でした。旭大高の練習をすれば強くなるという、甘い考えから、レースでは、レベルの違いを思い知らされ、改めて自分の本当の実力を痛感させられました。

 また、下宿生活を始めたことで自分は今までいろいろな人に支えられて生きてきたことを実感し、これからも人に感謝する気持ちを忘れないようにしようと思いました。

 昨シーズンの反省を踏まえて、今シーズンの目標はインターハイ入賞です。この目標にした理由は大きな目標を立てることで、それを達成しようとするためにする努力の量や質など自分に対する要求が高くなり、より成長できると思ったからです。もちろん目標にしたからには達成するために日々努力しなければなりません。私はこの度スキー部部長を務めさせていただくことになりました。部の代表としても一人の選手としても模範になれるように頑張りたいと思います。

夏季一次強化合宿終了

 7月30日から昨日の8月7日までの9日間、夏季一次強化合宿を実施しました。テーマに合わせた準備を準備をしていましたが、思った以上の非常に内容の濃い合宿であったなと感じています。関係したコーチの方々に感謝するとともに、今後における課題も多く見つかった合宿となりました。

 スポーツも仕事も【生産性】ある人間を求めて生きたいものです。クロカンの世界では、これが常識という誰が勝ってに決めたのか?わからない固定概念をあらゆる角度から検証し、新たな発見や気付きを基に創り出していくことが進化進展することだと、改めて感じた合宿でもありました。

2 7月31日午後に網走へ移動。残雪トレ時に必要だと感じ、網走市スポーツ課及びボート協会の方々の全面的な協力を得て、エルゴメーター10台を準備していただきました。

 1回漕ぐ毎にW数値が表示され、仕事量の少ない選手は時間を増やすぞ!と指摘すると、良い仕事をどんどんしていく選手もいたりと、本当に効果的で刺激の入れたい動作が、このマシン1台で可能なのだと感じました。

購入するかどうかは、検討中です。

1 8月3日は、実際に4人乗り競技用ボートでトレーニング。最初は戸惑っていたものの、慣れてくるとグングン進んでいました。

 高校ボート部の監督さんも目の引く動きがあり、ちょっと強化すれば、すぐに北海道ではチャンピオンになれると太鼓判を押された選手もいたほどです。

 

 

Tv 同日、HTVさんも取材に訪れました。本校の田中ゆかりの1年を追っており、ボート強化の一部を一生懸命に取材しておりました。

良い番組となるよう、期待しています。

 

 

 

 

Photo 2日の午後は、rest日に設定していたため、ウトロまで足を伸ばし、世界遺産に登録されている知床半島クルージングツアーに出かけました。

左のクルーザーに乗船し、気温10度以下で小雨の降る中での出発となりました。

 

 

 

Photo_2 最終地点のカムイワッカの滝です。この日は1日雨であったため、流水量も多く、ダイナミックでした。

人の手が入っていない大自然界は、とても強いエネルギーを持っているなと感じつつ、つかの間の休養で、たくさんのエネルギーが充電できました。

いつの日かプライベートでも1回来て見たいと感じました。

 

 

Photo_3 右側の野鳥がオジロ鷲です。冬にしか見れないそうで、夏時期はほとんど遭遇できないとのこと。

少し小さめでしたが、この後ダイナミックに飛んでいる姿に感動しました。

飛んでいる姿を撮影しようと何度か挑戦しましたが、船の揺れの中での飛行物体撮影ができず、すみません。

 

 

Photo_4 この日に、高田先生の知り合いでお世話になっていたという元実業団バレーボール選手がここのウトロ内でホテルの女将をしているとのことで、毛ガニのプレゼントをいただきました。

本当にありがとうございました。

 

 

 

Photo_5 ウトロ港から網走近郊に移動。日大女子コーチをしている藤本さんの実家で、沢山のご馳走をいただいてきました。

本当にありがとうございました。

個人的には、自慢の有機栽培の野菜が美味しかった。

 

 

 

Photo_6 生のたらば蟹&ジンギスカンです。

生タラバ蟹を炭火で焼く豪華な食事。初めて食べたとういう選手がほとんど。

うまい!うまい!と言って、アッという間に完食していました。

翌日からのカンフル剤となったことは、言うまでもありません。

ご馳走様でした。

 

次の2次合宿は、15日より秋田に出向き、ローラー中心のトレーニングと大会参加してきます。また、ご報告させていただきます。

最新の記事

アーカイブ