スキー部ブログ

  1. ホーム
  2. スキー部ブログ

最新のスキー部ブログ

一次合宿終了

18日から開始となった北海道体育協会一次合宿が本日終了します。
合宿3日目は、終日の大雨の影響でコースが消えるという大自然のいたずらも経験しましたが、翌日からの大雪で現在はコースカッターも切れる程の積雪量となり、本来の旭岳の環境にやっと戻ってくれた感じです。
毎日、前・後・横のビデオを撮影し、それぞれ各ポイントとなっている箇所を確認しつつ、身体のギアが一つも止まることなく、円滑に稼働しているか?そしてスピードを上げたら、どんな反応が起こるのか?の繰り返しを行いました。
今のところ順調にきております。その証明として、合宿期間中一日も休養日を入れませんでしたが、それでも無理なく、元気にトレーニング消化が出来ていること。つまり無駄無理のない必要なエネルギーを必要な分だけ使いこなせているということであり、今年から新たな課題として取り組んできたECO効果がでている証拠です。
12月から始まるレースに向かって、ワクワク出来るスタートが切れるよう、着々と準備を進めていきましょう。

やっと本番

Photo 昨日の16日、放課後に旭岳へ向かい、やっと雪上トレーニングを開始することができました。

 11月中旬からの雪上トレ開始は、過去に記憶していないぐらい、遅い本番となりました。

 一昨日の状況では、林道のみが滑走可能とのことであり、石もかなり出ていて、なんとか乗っているという情報でしたが、昨日はすでに広いコースをラウンドできるぐらいになっており、比較的快適なコース状況となっていました。

 

Photo_2 ローラーとスキーとの違いを確認しつつ、感覚を元に戻す120分のトレーニングを行いました。

 午後5時を過ぎると、辺りは真っ暗となりますが、ここ旭岳は照明があり、ほとんど選手が宿舎に戻る中、快適なトレーニングができました。

 部員の動きを小まめにチェックする確認をしていましたが、なかなか良い感じです。選手自身も今年取り組んできたことが間違いではなかったという雪上トレ初日を終了しました。

 いよいよ明日18日から合宿開始となります。冬本番へ向けた本格的な始動となりますが、慌てず焦らず、着実にレースへ向けた準備をしていきましょう。

出合い

 ブログ内で高田先生という記事もかなりアップさせていただいておりましたが、実は3年前より高田語録としてブログアップをしておりました。スポーツ・トレーニングという3D・4D・5Dという側面から、いろいろとアプローチをしている内容となっております。

 出合いから、すでに6年経過。『3年目で結果として現わなければ退く』と豪語していただき、現在もその繋がりは顕在です。

 さすがはプロ中のプロと言わざるを得ません。非常に難しい表現等もありますが、興味深いことやヒントとなることなども沢山ありますので、是非クリックしてみてください。

 最後に強化育成指導するということに、決して近道はなしということが解るはずです。

いったいシーズンインは何時から!?

2 10月最終の休日となった土曜日の午前、ローラートレを行いました。

 森の木々達もすっかり冬支度となり、落ちる葉もないほどの状況となっておりますが、ホームグラウンドでもある旭岳に中々雪が積もりません。

 気象庁予報ですと、11月中旬までは平年並みか高い気温で推移するとのこと。北極圏方向から見た気圧配置図をみても、本格的な冬型の気圧配置に中々ならない状況です。

Run  私たちもすでに冬本番を迎えた戦闘モードの準備は出来ているのですが・・・

 午後はポカポカ陽気の秋晴れの中を、気持ち良くランニングをしました。

 冬本番を迎える前まではトレーニング量を若干落としつつ、自分未踏の目標に向かって、しっかりエネルギーを蓄え、余念の無い準備をしていきましょう!

 明日もローラートレ。頑張っていこう!

先週の出来事

Jiss 12日夕方に東京入りし、ホテルチェックイン後、代々木にあるコンディショニングルームに訪問し、久しぶりに高田先生と会談。

 現在、課題となっている事や現状の事などをお話し、今後どのような方向性に向かっていくべきか?などを確認しつつ、夜遅くまでのミーティングとなりました。

 13日09:00にナショナルトレーニングセンターに到着。会議室の確認と借料の支払後、09:30からの強化委員会議となりました。

Photo 世界Jr&U23世界選手権に関する件、ユース五輪に関する件、今シーズンの行動計画、次年度へ向けた対策、長期に渡る底辺拡大に関する事項など、盛り沢山の内容を検討・協議しつつ、次代の日本を担うJr測定にも出向き、現在の状況確認やデータ確認、選手に対する激励や状況確認するコミュニケーションを取りながらの出張となりました。

 左は、体幹部測定の一部となります。説明を聞きつつ、この後、顔をしかめながらのMAX測定です。

Photo_2  左写真は助走無しの3段飛びでの測定です。場所は施設内の陸上競技場での測定。

 本校部員はもとより、全体が春の測定数値から比較すると、記録を伸ばしておりました。

 冬本番に向けたトレーニング成果が出ているようです。

3  次に1500m走。

 男女一斉スタートし、400mを1周終えたところの力走を撮影しました。

 この種目も、ほとんどのJr選手が記録更新をしました。

 今年の世界Jr出場権利を得て、日本代表として世界で活躍していきたいと一番に願っている選手集団です。

 本当に頑張っていました。

15  14日の午後09:30に旭川駅到着。

 翌日15日午前より第2回となったOPスクール。

 左写真は、午後の部活動体験の一部です。当部のみならず、多くのクラブが合同で参加し、ダンスをしている一部の写真です。

 楽しみながらも、しっかりと強化できるトレーニングを行いました。

16  16日早朝から高田先生による講義開始。2時間に渡る確認とこれからの目標とトレーニングについての2時間となりました。

 冬に向かっての再確認をしつつ、これからの強化についての指針について熱く語っていただきました。

 ありがとうございます。

16_2  講義後に、早速実践トレーニングを開始し、確認作業をしていきます。

 しかし、開始早々からポツポツと雨が降り出し、30分後には本格的な雨となり、1時間経過するころには、大雨に雷といった悪天候となってしまい、身の危険性もあると判断し、1時間で終了。

 しかし、意義のあるトレーニングとなり、納得しての終了となりました。

16_3  昼食後からは、体育館にて、午前中の確認したローラートレからの反省点を踏まえて、再度に渡る確認トレーニングを90分行いました。新たに気付く点もあり、収穫あるコンディショニングトレの後、晴れ間がさしてきたこともあり、再度ローラートレに変更。

 ローラートレ1時間、びっしりと確認トレーニングが続きました。

 最終的にトレーニングが終了した時刻は午後5:00を過ぎる時間となっていました。

 この1週間は、いろいろな面においてのハードウィークとなりましたが、明日からはまた寒が入り、積雪もある予報が出ています。

 部員達は、早く雪上トレが開始とワクワクしており、非常に良い身体的・精神的な準備が出来ていることを報告します。

 

 

最新の記事

アーカイブ