スキー部ブログ

  1. ホーム
  2. スキー部ブログ

最新のスキー部ブログ

平成23年度シーズン終了

 2月下旬からブログ更新をしていなく、大変申し訳ありませんでした。

 世界Jr選手権(トルコ・エルズルム開催)に出場した3名ですが、宿泊地標高2,500m、大会地で1,700mと競技のできるギリギリの場所での開催となり、高所順応が早く適応できた者とそうでない者の差が出た大会となりました。比較的早く対応できた潤が初海外遠征ながら、10kmCL12位・スキーアスロン10位と大健闘。また期待された男子リレーは8位でした。謙太郎とゆかりは、なかなか適応できず、もがき苦しんだレースが続きましたが、最終日のリレーでやっと適応できたのがやっとという大会となりました。もう少し、夏場から順応できる準備を していればと反省しています。

 その後のJrオリンピック(新潟・妙高)では、男子Fで潤4位、CLで潤優勝・8位鈴木・9位謙太郎、女子Fでゆかり優勝という結果でした。また、シーズン最終となった全日本選手権名寄大会では、女子10kmCLでゆかりが準優勝という大健闘をしました。

Photo

今シーズン共に励まし合い、切磋琢磨して戦ってきた部員8名です。

左端は、柿本校長先生です。全国高校リレー優勝をこの目で見たいと山形蔵王まで足を運んでくれました。

そんな熱血校長先生とそれに応えた部員達の優勝は見事でした。

左は、卒業式後に撮影したものであり、部員全体が入った最後の写真となりました。

Photo_2 3月23日(金)夕方より監督宅でシーズンのご苦労様会を実施。食事を共にしながら、今シーズンのエピソードなどを交えながら、笑いあり、悔しさあり、泣きありといった有意義な会となりました。

左は、卒業生の贈り物です。いつもビデオを撮影し、部員達にフィードバックするのですが、画像が見にくくなっていたと思うのですが、それを気遣ってビデオをプレゼントしてくれました。粋な計らいに心から感謝します。本当にありがとう。

Photo_3

翌日の24日(土)に潤の故郷である鷹栖町で少年団指導をしてきました。この鷹栖少年団は30名を越す道内で一番多い組織です。今年で2年目の指導となりますが、少年少女は言葉よりも、観察力が優れ、それを真似する能力はピカ一です。

 神経系の発達がピークを迎えるコゴールデンエイジ期には、良い走りの見本が最適です。

そんなチルドレンを指導する光景が記事ともなりました。自分達もこんな頃があったと、その恩返しの気持ちを込めた熱心な指導をしてくれました。

Photo_4

 3月27日(火)は旭川市“栄誉をたたえて”授賞式に参加。潤の全国高校優勝、ゆかりの2冠達成、男子リレー優勝、謙太郎のユース五輪銀メダルが認められた表彰式しなりました。

Photo_5同日の27日(火)夕方より東京赤坂にて文部科学省スポーツ功労者顕彰式典に参加。

ユース五輪銀メダルが認められての表彰となりました。

写真中央には謙太郎と女子ジャンプで金となった高梨沙羅選手、それを囲むように右端が竹田JOC会長隣に平野文部科学省平野大臣、謙太郎の左隣は奥村副大臣が入っての撮影となり、緊張気味の謙太郎が写っています。

 以上 シーズン後半の報告となりました。

 ゆかりは、4月1日よりFIN遠征に出掛け、ラストとなるFISレース参戦をしていますが、すでに新たなシーズンに向けたトレーニングを再開しています。後日、新入部員の紹介もアップしていきたいと思います。

 平成23年度のシーズンも大変お世話になりました。ご報告とお礼が遅れましたことを心よりお詫び申し上げますと共に、新たなシーズンも新メンバーで更なる加速をしていきたいと思いますので、どうぞご支援・ご声援・ご協力の程お願い申し上げます。

 また卒業した部員達も全員が競技を続けます。何卒今後もご指導・ご声援をいただけますよう、お願い申し上げます。

 今シーズン、本当にありがとうございました。

それぞれ

2月9日から行われた全日本選手権大会では、スプリントCLでゆかりが予選25位で決勝Tへ。準々決勝敗退し24位。初体験となったスプリントでしたが、どの程度のスピードで入ったら良いかも分からず、終始慌てたレースとなりました。男子は謙太郎が予選6位で通過。準決勝敗退しましたが手応えのある9位入賞と健闘し、世界Jrへの良いシミュレーションとなりました。(以下49位潤、50位鈴木、75位内田) 翌日のチームスプリントFは、1走鈴木・2走謙太郎のオーダーで挑みました。予選は余裕を持っての決勝T進出となり、終始先頭集団に喰らいつき、ラストの登りで7位から猛スパートをかけた謙太郎が4位でゴール。当部として男子では過去最高順位を獲得する頑張りをしました。
最終日となったパシュート女子は、ゆかりがCL6位通過。スキーテスト時よりスキー選択による指導を行っていましたがFスキーでの選択ミスによる失速でした。後半も順位を落とすことなくゴールしましたが、もっと上の順位は獲得出来たはず。まだまだキャリアを積まなければならないと本人も痛感したはずです。しかし逆に言えば、のびしろはまだまだ沢山あり、今後いろんな面での先を読む力をつけて欲しいと思います。男子はCLで潤14位、謙太郎21位、鈴木44位、内田89位で通過。スタートすると同時に猛烈な雪に見舞われ失速してしまった選手も多く、グリップ選択で大きく順位が変動しました。総合順位は、潤17位・謙太郎29位・鈴木39位・内田89位と奮わなかったレースとなってしまいました。
レース後の11日夕方に鈴木が国体移動、翌日12日世界Jr組(謙太郎・潤・ゆかり)を山形空港に送迎し、その足で全国選抜組の内田・将史を乗せて新潟移動、1泊後に岐阜入りしました。
それぞれがバラバラとなり、次のレースへ向けての準備となりますが、すべてそのことを想定内に置いたトレーニングをオフトレから計画的に盛り込んできました。誰がいようがいまかろうが自分の判断に基づいたパフォーマンスをそれぞれの場所で発揮して欲しいと願っています。今日、国体CLが終了し、鈴木9位。入賞まであと一歩でしたが、感じたことは勝負する野生的な察知力=嗅覚を養って欲しい。指導では難しい感性が身につけば必ず躍進すると感じた今日となりました。
それぞれの場所での活躍を心より期待しています。

実りあるインターハイ【その2】

さて、高校の最大イベントである全国高校大会で大輪の花を咲かせましたが、花はやがて必ず散ります。散ると同時に植物は、次の花を咲かせるために新しい芽を準備します。そう【終わりが始まりどき】です。更なるステップアップを始めるタイミングの時であります。
3日のインターハイ終了後すぐに山形・真室川町に移動してきました。
明日から開催となる全日本選手権大会に向けた調整トレを行っています。一般選手を含めたレベルの高いレースとなります。その一般選手にどこまで食い込めるか?楽しみながらチャレンジして欲しいと思います。
自己の更なる可能性を求めて・・・【自分未踏】精神で頑張りましょう!

実りあるインターハイ【その1】

インターハイ報告が遅れ、申し訳ありません。
1月30日を皮切りに第61回全国高校スキー大会が山形蔵王で開催されました。初日の男女Fでは、ゆかりが2位に41秒差をつけての優勝、また潤が2位に50秒差の大差をつけての初優勝という、本校にとっても幸先の良いW初優勝を果たしました。また大会3日目となった女子5kmCLでも、ゆかりが2位に15秒差をつけ、シーズンを通して負け知らずの個人2冠に輝きました。1年生2冠という記録は19年前に本校部員であった大高友美が達成して以来の偉業となりました。続く4日目の男子15kmCLでは過去経験したことのない大雪の中でのレースとなりました。地元山形県も実に31年ぶりの大雪警報が鳴る中、序盤3位につけていた潤が後半からのの猛烈な追い上げをしましたがトップに34秒遅れの2位、鈴木も初戦は故郷での大会からか力みが感じられましたが、その反省を活かし、後半からの追い上げで8位入賞。最終日となった男子リレーでは、昨年からの2連覇のかかるレースとなりました。すべては1走内田が、うまく切り抜けてもらえれば勝算ありと想定していましたが、期待通りのトップから53秒遅れの10位で謙太郎へ。謙太郎はユース五輪帰国後に体調を崩し、うまく調整出来ないままのインターハイ入りとなった影響で個人戦は奮わなかったものの、終始トップを伺いつつ、落ち着いた展開で最後の登りでスパートをかけてトップで潤へ。ここへ来て心身共に快調な潤は、ニヤリと笑いながら出走。今日もいけるなと感じていましたがドンドン後続を引き離し、1分29秒差をつけて4走鈴木へ。後続の十日町がグングンと迫ってきましたが、昨年の逆転劇を制した鈴木は終始落ち着いた展開で、危なげなく昨年に続く2連覇達成のガッツポーズでゴール。2連覇達成は10年前に本校が達成して以来の記録となりました。
最終的には個人・団体合わせてタイトルが取れなかったのは男子CLのみと非常に部員達の成長と活躍が目覚ましかった思い出に残る大会にしてもらったことに対し、心より感謝したいと思います。またこの成果には常に陰となって支えてくれました保護者・学校関係者、その他多くの方々の支援や協力があってこそと深く御礼申し上げます。部員達は、そんな励ましや協力に対して結果で恩に報いようとしたことが、このような大きなパワーとなったのだと感じています。

延長線上にあるもの[その2]

4走石川潤にタッチする時は、既にトップから1分20秒遅れとなっていましたが、任せてくださいとの如くニヤリとしていった石川潤は軽快な走りで逆に2分以上つける大差での3連覇達成となりました。
既に22日から全国高校大会地となる山形蔵王に来ています。25日には石川謙も合流し、久しぶりに全員が揃っての調整合宿を行っています。
世界での活躍を目指す者、全国で活躍を目指す者、予選会は終了しましたが北海道予選を目指す者など、それぞれ目標が違う部員達ですが、常に現在目標の先にある世界をイメージして欲しいと願います。現在の実力位置から、その延長線上にある結果の次に何が得られ、何を目指すべきか?という【点の結果】ではなく【線の結果】として自らが捕らえるようになれば、価値ある努力やより良いトレーニングの実践が可能となってきます。
【木を見て森見ず】とならぬよう、全員で先ずは全国高校大会を乗り切っていきましょう!

最新の記事

アーカイブ