スキー部ブログ

  1. ホーム
  2. スキー部ブログ

最新のスキー部ブログ

部員紹介【その2】

今回は、1年菊地 空(きくち くう)です。謙太郎と同じ当麻中学校出身です。3月のJrオリンピック大会ではCLで8位に入賞しました。まだまだ荒削りな部分が多く、今後の成長に期待しています。

 それでは、本人談です。

Photo ◎入学の抱負

 ・勉強と部活動の両立を目標に頑張りたい です。

◎今シーズンの目標

 ・全国大会出場

◎これからの自分に期待すること。

 ・高校でのレベルを体験し、その中で上位にも通じるような滑りをしたいです。

◎チームの一員として

 ・チームの先輩方は、みんな優しいので、決して甘えることなく、自分から進んで行動してチームのために、自分のために頑張っていきたいです。

部員紹介【その1】

今日の紹介は、1年矢萩瑞奎(やはぎ みずき)です。北海道士別中学校出身で、中学3年次は全国中学大会に出場できず、とても悔しい思いを胸に入学してきた生徒です。

 それでは、本人談です。

Photo  入学しての抱負は、『どんな事でもチャレンジ』することです。

 部活動だけではなく、勉強もしっかり出来るようにしていきたいと思います。

 今シーズンの目標は、一つ一つの大会で悔いの残らない走りをし、インターハイに出場し、入賞することです。

 これからの自分に期待する事は、少しでも多くの技術を身につけ、コース状況を確認し、的確な判断をしてロスのない走りでインターハイ入賞を目指します。

 チームの一員としては、自分から進んで動き、先輩達に頼りすぎないように頑張っていきます。

残雪トレ終了

 Photo_2                            本日で残雪トレを終了します。昨年は、6月上旬まで滑走していましたが、旭岳の年間降雪量の低さと4月下旬の高温による影響で思うような雪上トレを行えないと判断しました。

 今日は、約4時間ぐらいに渡る確認のトレーニングを実施しましたが、まだまだ出来ないことが多い中での練習が終了となりました。もう少し確認したいとの部員も多かったと思いますが、スキーとローラーの違いも感じて欲しいと常々伝えておりましたので、その差異がないよう、次のシーズンインまでに練り上げていきたいと思います。

Photo_4  2D画像なので、確認していることが伝わらないと思いますが、身体の内側では確認作業が続いています。

 【大海原を自由に泳ぐ廻る魚のように走りたい】しかし、【水槽の中にいる限られた制限の中の魚】という不自由さを感じるストレスを無くしたいという思いで滑走しています。

 これからシーズンインに向けて、伸びしろだらけの部員達。大きく伸びる素質を持った6名を大胆にかつ繊細に伸張させていきたいと感じた今日となりました。

 次のブログ更新は、一人一人の部員達を自己紹介形式で紹介したいと思います。お楽しみに!

GW

明日から4連休となるGW。本校部員の他に、OB・OGの鈴木貴弘(中大)は28日から合流、石川潤(東海大)は大学の合宿で28日から合流、石田正子はJR北海道合宿で30日から合流、柳舘万智子(PNFC)は昨日より合流、石川謙太郎(専大)は本日午前1時頃に帰宅し本日より雪上トレを開始しました。

 本日昼の便で到着した高田先生も今日から6日までサポートしていただきます。4日間休みなしの雪上トレーニングとなりますが、頑張っていきましょう。

615 本年度当番校業務で会場借用申請のため、関係事務所へ行ったところ、その傍に1本だけ【力一杯に咲く桜】がありました。

現在の桜前線は札幌まで来ているそうですが、まさかこの一本だけ満開となっていました。

何かたくさんの元気をもらった気がします。

全員集合

 久々に新1年生を含め、14日(土)から全員が集合とてのトレーニングが再開となりました。

 今年度の新入部員は男子2名・女子1名の3名が新たな戦力に加わり、6名部員での活動となります。

 ユカリハ4月1日~11日までフィンランド遠征に行っていました。18歳以下クラスに出場し、初戦5位、2戦優勝、3戦2位と順位はまずますせでしたが、本人はうまくパフォーマンスが発揮することは出来なかったとのことです。現地から1戦1戦の大会報告をメールにて貰っており、体調は良いのですが、走りのフィーリングが良くありませんとの報告。こちらも想定内の症状が出ているなと返信しながらの調整をさせましたが、、うまくリンク出来なかったようです。世界Jr選手権(トルコ)では高所順応が出来ていないなと感じておりましたが、帰国後のビデオ確認では、それだけでは無い状態であったことも確認し、その後に修正をかけてJrオリンピック、全日本選手権と挑み、感覚の良い形で今回の遠征へと送り出しましたが、またしても同じ症状での大会参戦となってしまいました。本人もすべて理解はしていますが、身体の修正が効かないという状況も判っています。まだまだ伸び白がいっぱいあるという状況です。

 昨シーズンの反省を元に、来シーズンへ向けての課題は、たくさんありますが目指そうとする方向は既に見えており、その課題クリアに向けて、土・日曜日は、ぶっ続けの4時間トレーニングとなりました。お陰で顔は真っ黒(真っ赤?)となっています。

Photo 来シーズンの戦力となる部員6名が雲ひとつない旭岳山頂をバックに記念撮影しました。

 恐れる何者もない部員達『挑戦』あるのみです。

 部員ともども1年間お世話になります。

 何卒よろしくお願いします。(新入部員紹介は後日UPします。)

最新の記事

アーカイブ