スキー部ブログ

  1. ホーム
  2. スキー部ブログ
  3. 2013年10月のアーカイブ

2013年10月の一覧

百聞は一見に如かず

 本校OGであり、現在世界レベルで活躍している石田正子がスピード調整確認のため昨日と今日の2日間、本校部員達と共に汗を流しました。

 手前味噌ですが正子といえば、世界強豪を相手にディスタンス種目で常に安定した力を発揮し、メダル獲得までもう一歩のところまで登りつめている選手であり、過去にこれだけ安定して結果を残している日本人はいません。そんな正子ですが、まだまだ進化途中であり、スポンジのように吸収(学習)する能力を持っているのが彼女の凄いところ。

 走りの中で【まだ行ける(まだ上がる】のですが、どうしても行けない動作を確認する2日間ともなりましたが、間違いなく昨年より進化している彼女を確認しつつ、その頼もしい姿にうれしさを感じました。

 我が部員達も同じ時間を共有し合い、一緒になってトレーニングが出来たことは、正に【百聞は一見に如かず】でした。

 少なからずとも世界レベルとは?を実感した貴重な体験をしたはずであり、正子からの優しさの言葉の中に厳しさと執着心の低さというアドバイスは必ず今後の部員達のパフォーマンスに良い影響を与えてもらえるものとなりました。

 今月下旬から海外遠征出発し、1月上旬のツールドスキー参戦の予定となっており、間違いなく正子の更に進化したパフォーマンスが観られることを今からワクワクしています。

 そして、また正子の姿を夢見て追いかけていく後輩達が必ずいることを確認できた収穫ある2日間でもありました。

写真1.jpg

 

準備のとき

旭岳.jpg 昨日の旭岳です。一昨日、11月中旬並みの寒気が入り込み、写真では山肌がかなり見えていますが、一昨日は真っ白となっており、待っていた季節も、もうそろそろといったところです。

 

 私たちのホームグラウンドとなっている標高600mの場所では木々も色とりどりとなっており、着実に秋から冬へ向かっているなという感じがしています。

 

つぼみ.jpg

 昨日の午後は旭山動物園で有名な隣に旭山公園がありますが、そこでポールランニング&ジャンピングを行いました。

 ある樹木は紅葉を終え、木の葉のほとんどが落ちており、寒い冬を乗り越えるために、休眠する準備を始めていました。

 写真で解るかなと感じますが、終わると同時に来春に向けたつぼみをつけています。

 きっと春暖かくなると同時に若葉を出すための準備でしょう。大自然界も終わりと同時に始まる準備をしっかりしております。

 

ポールジャプ1.jpg

 我々は大自然界とは真逆に、これからのシーズンへ向かうために若葉の芽を今かと出す準備に余念の無いトレーニングに励んでいます。

 スピードをあげては確認し、更に戦術やアクシデントなども考慮した練習を行っています。

 どんな時も慌てず、自らのパフォーマンスを発揮できるようなシュミレーションをすることで、強くたくましい選手になって欲しいと願っています。

 さてどんな若葉と花を咲かしてくれるか?

 もうすぐに迫る残り少ない時間をお互いに大切にしていきましょう!

 

キノコ.jpg

 今日の午前トレを終え、午後トレまでの休憩時間に付近の森を散策したところ、もう既に晩秋に生えてくる霜降りしめじとムラサキしめじがあり、雪虫も飛び交っておりましたので、3~4日後には、下界にも初雪の便りがやってくるかも・・・

 9月下旬のOPスクール2回目には3名が部活動体験に来てくれましたが、ラストとなる3回目には2名の部活動体験生徒が来てくれることになっています。

 どんな新たな出会いが出来るか?部員共々楽しみにしています。 

 

 

 

 

 

  • 1

最新の記事

アーカイブ