旭大高ニュース

  1. ホーム
  2. 旭大高ニュース
  3. 学校長ブログ

学校長ブログの一覧

祝! 卒業

 3月1日、平成24年度第63回卒業式で188名の生徒たちが旅立ちました。玄関での吹奏楽部の校歌演奏「神々つどう、ロマンの峰よ・・・」が卒業生の胸に響いたことでしょう。毎年のように思うことですが、無事元気でそれぞれの目指す道へ頑張って欲しいという願いです。


 卒業生に贈る言葉として、「現代社会は情報が洪水のようにあふれかえっている。その中にはニセモノ、インチキ、有害なものもある。何が正しく何が間違っているのか見極める力、選ぶ力が必要になる。ところが自分のまわりの狭い世界にしか関心をもたない風潮がある。ぜひ私たちの住むこの日本、そして世界の政治・経済・社会がどのように動いているのか目を向けほしい、無関心であってはならない。


 また、ネット時代が幕を開けた今、手間ひまのかかるアナログから効率的なデジタル化へと急速に変化してきた。便利なことは間違いないが、人間はモノや情報が少ない時代、分厚い辞典で調べたり、人から聞いたり、さまざまな知恵を絞り想像力を駆使してきた。それが人間の力を高めてきた。急いで答えを出す、結論を出そうとすることが短絡思考に陥る危険がつきまとう。手間暇はかかるが、さまざまな角度からよく考える習慣を身につけること、別な言い方をすると“知的基礎体力”が、これからの人間に必要になってくるように思う。」


 3年間、勉強・部活動・学校行事を通して、たくましく成長した姿で卒業していった188名の限りない前途に幸多からんことを祈る一日でした。       (2013,3,4)
20130304.JPG 

年頭にあたって

 新年おめでとうございます。本年も宜しくお願い申し上げます。

 2013(平成25)年巳年にあたり、冬季休業明け全校集会では「脱皮できない蛇は滅びる。その意見を取り変えていくことを妨げられた精神も同様」(ニーチェ)を引き合いに、私たちヒトも古い殻を脱ぎ捨て変化していくことで成長して行こう。

 医師鎌田實さんの著書をもとに、人はきっかけがあれば必ず変わることが出来る。生まれ持った気質は変わらないと思うが、性格は意識的に行動パターンを変えていけば変わっていく可能性がある。今の自分を何とかしたいと思った時が、まさに変わるチャンスである。どんな人にも、変わるための大事な一瞬があるような気がする。それは何回かやってくる、決して1回ではない。今までの人生で、その一瞬をやり過ごしてしまったり、見過ごしてしまったかも知れない。その瞬間に、えいやっ!と勇気を持って、新しい反応を起こせばよい。

 そこで、人が変わるきっかけはどんな時かを考えてみました。それは本(小説など)の中にあるかも知れない、映画の中、絵画・彫刻など芸術作品の中に、スポーツ、趣味や遊びの中から気づくかもしれない。人と人との関係から肌で感じるかも知れない。ただ、携帯、スマートフォン、インターネット検索の中からでは、変わるきっかけを見つけるのは難しい。下(電子機器の画面)ばかり向かず、顔を上げ、さまざまな体験を通して自分の感じるところを大事にしていけばよいと思う。                     

 新年早々嬉しいニュースが飛び込んできました。冬季インターハイ全道大会スキーアルペン、ジャイアントスラローム(大回転)で2年生の高橋奈々さんが優勝、クロカン女子10Kmフリーで1年生の矢萩瑞奎さんが準優勝という幸先のいいスタートを切ってくれました。
20130121_takahashi.jpg

 また、留学生として10ヵ月ほど本校で学んでいた、ホアキン・ロドリゲス君が1月末に母国アルゼンチンに帰国のため、全校生徒にお別れの挨拶をしてくれました。流ちょうな日本語で、旭大高の仲間のおかげで良い思い出がたくさん出来ましたと感謝の言葉でした。まったく日本語がわからない中からのスタートでしたが、彼の賢さと努力に本校生も感心の様子でした。
 
 今年は昨年以上に、生徒一人一人にとって良い年になることを願っています。それには未来を見据え、笑顔で元気良く毎日を過ごすことではないでしょうか。                                           (2013,1,21) 

祝! 平成24年度 北海道スポーツ賞受賞

DSCF0559.JPG 去る12月19日、平成24年度北海道スポーツ賞の授賞式に出席してきました。本来であれば生徒と顧問の先生が喜びを分かち合える場であれば良いのですが、大会遠征中のため代表として晴れの舞台に参列しました。

 受賞理由は、本校のスキークロスカントリー部の男子リレー、高校総体(インターハイ)全国2連覇です。同時に、石川潤(現東海大)君がインターハイ男子15Kmフリー優勝で個人受賞、ちなみに昨年度は石川謙太郎(現専修大)君が個人受賞でした。

 今年度はスポーツの振興に寄与された3名、優秀な成績を収めた個人6名と6団体の受賞でした。

 主催者は、昭和37年度から始まったこの賞が、今年で50年目を迎えた節目の年で、数々の本道スポーツの歴史を刻んできたと話されていました。歴代受賞者の中に本校の部活団体名や個人受賞者が記録されており、旭大高の生徒たちの活躍が大きな功績として評価されていることに喜びを感じた一日でした。 ジャンプ、アルペン、スピードスケート、フィギュア、ホッケーなど華やかな冬のスポーツは数多くありますが、最も地味で過酷な競技がクロカンではないでしょうか。黙々と雪原の山坂を幅細のスキーで己の技術と体力を駆使して勝利を目指す、あらためてストイックな競技であると強く感じています。 “言うは易く行うは難し”ということわざがありますが、インターハイの男子リレー全国2連覇は手前味噌ですが大変な記録だと思います。しかし、同じ高校スポーツとして野球・サッカー・バスケットだったらどうでしょうか、クロカンの何と新聞・テレビの扱いの小さいことよ、そんなバカな、もっと生徒たちの頑張りを褒め称えてほしかった。

 しかし、私の想いをよそに生徒たちはそんなことは苦にもせず黙々と練習に励んでいます。この競技を好む生徒たちこそ地味で派手さを嫌い、強い忍耐力と高い精神性を備えているように思うところです。アッパレ、受賞者に拍手 (2012,12,21)

留学生のたくましさに圧倒された一日でした

 この度、本校ホームページのサイトデザインを変更しました。より見やすく、より分かりやすい旭大高からの情報を発信していきたいと考えております。今後ともよろしくお願い致します。
 さて、11月下旬に高文連上川支部主催「国際理解高校生の集い」を当番校として開催しました。市内校9校からの実践発表では、各高校の校訓、歴史、学校行事、部活動、海外姉妹校との交流などをスライドを用いて英語でのプレゼンテーションがあり、さまざまな国際交流、国際理解の取り組みが報告されました。
 また、海外から旭川市内校に留学している10名の生徒達からは、母国での高校生活の様子や旭川での生活について上手な日本語で語ってくれました。わずか数ヵ月の日本滞在にもかかわらず、はっきり聞き取れる日本語でのスピーチは見事の一言に尽きます。若さの持つ吸収力の早さと賢さに驚きました。
 なかでも中国からの男子留学生は、中国では高校生は一日十数時間の勉強漬けであるが、「自分の未来のための勉強なのでしかたがない、長時間の勉強も慣れだ!」と言い切った強い言葉に参加していた旭川の高校生たちも圧倒されたのではないでしょうか。
  本校に留学している、アルゼンチンからのホアキン=ロドリゲス君もユーモアあふれるスピーチで笑いを誘うなど日本語をかなりマスターしたようでひと安心です。
  国際交流、異文化理解となると私たち大人はボロは見せまいとして、型にはまった言動に陥りがちですが、さすが高校生の柔軟性と瞬発力は見事で休憩時間にはそこかしこで会話が弾んでいました。若さの持つ溌剌とした勢いを感じさせてくれた一日でした。

_DSC4729.JPG

最新の記事

各コースのニュース

アーカイブ