剣道部ブログ

  1. ホーム
  2. 剣道部ブログ

最新の剣道部ブログ

平成27年度第35回北海道高等学校新人剣道大会旭川支部予選会

11月15日に本校を会場にして行われました。

男子団体優勝(2年連続)

女子団体優勝(7年連続)

男子個人 1位-林上龍基

       2位-小林拓真

       3位-岡崎照大

       4位-久保田和弥

       6位-笠井陽太

       7位-後藤有輝

       3回戦敗退-高橋玄・十河隼也・小島武

       2回戦敗退-笹原良人

       1回戦敗退-中川皓平

女子個人 1位-尾上舞

       4位-照井杜稀矛

       ベスト8-菊地由利香・安澤綾野・上田楓花

       2回戦敗退-高橋春花・山口陽夕・笠井未羽

男女団体・男子個人7位までなので6名・女子3位までなので1名が全道大会に出場を決めました。

今回も保護者・卒業生・後援会の方々に物心両面にわたり、たくさん応援をいただき本当にありがとうございました。

全道大会にむけて、より一層稽古を積んでいきたいと思います。

第68回東北海道市町村対抗剣道大会

11月8日に釧路町総合体育館で行われた上記大会に7年ぶりに参加させていただきました。

例年新人戦予選とぶつかることや昨年は50周年行事と重なってしまい、参加できていませんでしたが、今年は新人戦予選前の最後として、腕試しをさせていただきました。

前日には武修館高校にお邪魔して、帯広南商・北見柏陽さんも含めた練習試合で勉強させていただいたことを試合でも発揮できるかが、ポイントでした。

<高校生男子の部>8チーム参加

Aチーム=優勝(帯広柏葉に勝ち、武修館Bに勝ち、釧路江南・白糠に勝ち、武修館Aに勝ち)

Bチーム=3位(武修館Aに負け、釧路北陽に勝ち、釧路明輝・湖陵に勝ち、帯広柏葉に勝ち)

<女子の部>15チーム参加・3人制

Aチーム=優勝(根室管内剣連Bに勝ち、釧路剣連に勝ち、十勝剣連に勝ち、旭大高Bに勝ち)

Bチーム=2位(釧路江南に勝ち、武修館Aに勝ち、教育大釧路に勝ち、旭大高Aに負け)

Cチーム=2回戦敗退(帯広柏葉に勝ち、十勝剣連に負け)

以上の結果になりました。

それぞれが、良い面と悪い面を確認できたと思います。あくまでも公式戦に向けての準備段階であることを忘れずに、結果に一喜一憂することなく、新人戦予選に向けて稽古を積んでいきたいと思います。

また、遠方にも関わらず、応援に来ていただいた保護者の皆さま、ありがとうございました。

今回も経験をさせていただいた大会関係者の皆さま、大変お世話になりました。ありがとうございました。

釧路男子.jpg

釧路女子.jpg

 

第12回日本海旗争奪高等学校剣道大会

10月11日に酒田市営国体記念体育館で行われた大会に参加させていただきました。

10日には小牛田農林で練習試合をさせていただき、良いところを打たれ、また打つこともでき、剣誠旗以来の道外チームとの試合で自分たちの稽古の成果を試そうと乗り込みました。

<男子>123校参加

1回戦敗退(由利工業に負け)

<秋季錬成大会=男子Bチーム>52校参加

準々決勝敗退(新庄南に勝ち・新潟明訓に勝ち・新屋に勝ち・小牛田農林に負け)

<女子>99校参加

4回戦(ベスト16)敗退(シード・仙台第二に勝ち・山形市立商に勝ち・新潟商業に負け)

以上の結果になりました。

男子はAチームが単調になる悪い癖が出て、悔しい初戦敗退でBチームはその分頑張りました。

また女子は全国レベルとの差が何かを明確にでき、収穫がありました。

今後に向けた課題を確認できる大会になりました。

第51回南北海道少年剣道大会

10月4日にオープン間もない函館アリーナで開催された大会に昨年度女子が優勝旗を持ってきていたので、女子のみ参加させていただきました。

<高校生女子の部>7チーム参加

優勝(函館白百合に勝ち・市立函館に勝ち・遺愛女子に勝ち)

1年生が4名に2年生1名で参加し、見事優勝をしてきました。

日頃Aチームで大会に参加できていない子を中心に選手選考し、経験してくれることを優先して出場を決めましたが、見事優勝するという結果まで残してきました。これで自信をつけて、今後の競争が激しくなってくれることを期待しています。

大会関係者のみなさま、大変お世話になりました。ありがとうございました。

第70回国民体育大会(2015紀の国わかやま国体)

10月3日~5日に和歌山県那智勝浦町体育文化会館で開催された上記大会に6月の予選を勝ち抜いた鈴木杏都季(3年)と尾上舞(2年)の2名が北海道代表として、少年女子の部に出場しました。

8月下旬から道内の高校での錬成会、9月には関東遠征を2回行い、本大会に向けての技術向上とチームワーク作りをはかり、大会では大阪府に臨みました。

鈴木は先鋒として、自分の特徴を活かし、攻めの剣道に徹しましたが、一瞬の隙をつかれて惜しくも敗退。しかし、先鋒としてチームには勢いをもたらしてくれました。その成果で次鋒・中堅と北海道が連勝し、副将の尾上に回りました。試合中盤、見事に小手で先制し、その後も相手の猛攻に耐え、追い込んで見事な突きを出し、会場も盛り上がることで北海道の勝利かと思われましたが、有効とはならず、残りわずかなところで返されて、延長になりました。一進一退の攻防が続きましたが、惜しくも取られ敗退。大将戦も大阪の勢いに負けてしまい、非常に惜しい結果となりました。

あと一歩で、勝利を逃しましたが、2名にとっては貴重な経験が多く、今後の成長が期待できます。また、OBG会・後援会・保護者の方々から物心両面にわたるご支援をいただき、本当にありがとうございました。今回は顧問としても北海道の監督をさせていただき、大変勉強になりました。これを本校生への指導に活かしていきたいと思います。

国体H27.jpg

最新の記事

アーカイブ