剣道部ブログ

  1. ホーム
  2. 剣道部ブログ

最新の剣道部ブログ

第35回北海道高等学校新人剣道大会兼全国選抜大会北海道予選会

1月6日~8日に千歳市で行われました。

<男子団体(予選リーグ敗退)>

予選リーグ 北海3-0勝ち・札幌光星3-1勝ち・双葉1-1本数負け

<女子団体(3位)>

予選リーグ 大麻5-0勝ち・函館中部3-0勝ち

1回戦 岩見沢緑陵1-0勝ち

準決勝 札幌日大0-1負け

<男子個人>

林上龍基-準優勝

後藤有輝-ベスト8

岡崎照大・笠井陽太-3回戦敗退

小林拓真・久保田和弥-2回戦敗退

<女子個人>

尾上舞-優勝

以上の結果になりました。

年末の関東遠征、1月3日の桐桜杯での反省を活かし、4日~5日は学校で合宿を行い、万全の状態を目指して調整しました。

まずは7日の個人戦において、本校では初めて男女ともに決勝戦に進出する快挙でした。林上は惜しくも敗退しましたが、粘り強く戦い、インターハイ予選の全道3位を一つ上回りました。あと1つで頂上です。尾上は大胆かつ繊細に戦い、見事頂上まで行きました。旭川勢としても、この大会でも全道優勝は初めてであり、インターハイ予選でも昭和43年以来の快挙です。この優勝で7月に東京で行われる全国都道府県女子対抗の北海道代表の先鋒に決まりました。この2名以外も個人戦は全員が勢いのある試合展開を見せており、8日の試合を期待していました。

そして団体戦、まず男子はまさかの展開で双葉に本数負けをし、ベスト8に残れませんでした。「勝者の余裕・敗者の欲」という話をして、結果にこだわりすぎないように話をしてきましたが、考えすぎたかもしれません。女子も同様で慎重すぎる試合展開が続き、思い切った技が出せずに苦しみました。そして昨年同様、またインターハイ予選同様、準決勝での札幌日大戦で先鋒の一本負けを最後まで取り返せず、負けてしまいました。

大会でも保護者の方々や卒業生にもたくさん応援や差し入れをいただき、本当にありがとうございました。何とか男女とも優勝をするぞと頑張ってきましたが、残念な結果に終わりました。この悔しさはインターハイ予選でしか晴らせないので、この負けがあったから強くなれたと思えるように、しっかりと反省をし、また稽古をしていきたいと思います。

 20160120.jpg

第9回桐桜杯

今年も1月3日に多くの先輩方に参加していただき開催することができました。

男子(32名参加)

優勝 林上龍基(51期生=本校2年)

2位 林康平(46期生=大阪体育大学4年)

3位 岡崎照大(51期生=本校2年)

3位 小林拓真(51期生=本校2年)

女子(29名参加)

優勝 後藤実希(49期生=札幌大学1年)2連覇

2位 小林みのり(49期生=東北学院大学1年)

3位 照井瑚佑覇(50期生=本校3年)

3位 岡崎みずほ(48期生=平成国際大学2年)

このあと、男女ともに全道大会に向けての壮行試合を1試合お願いし、全員での稽古、最後に保護者の方々が作ってくださった昼食をいただいて終わりました。

桐桜杯では真剣勝負をしてくれたなかで、男子は現役生が活躍し、壮行試合も逆転勝利で終わり、全道新人戦へ弾みがつきました。女子は先輩方の壁を破れずに入賞者はいなく、壮行試合も負けてしまったので、巻き返しをはからなければなりません。

桐桜杯につきましては年々レベルが上がり、活気がある催しになってくれることを期待しておりますので、卒業生の先輩方、是非とも来校してください。

またお手伝いいただいた保護者の方々、新年早々にもかかわらず本当にありがとうございました。

第9回桐桜杯.jpg

第23回大野旗争奪剣道大会

12月26日・27日に錬成会、28日に大会が霞ヶ浦文化体育館で行われました。

男子(110校参加)

1回戦 松戸(千葉)1-1本数勝ち

2回戦 横浜(神奈川)1-0勝ち

3回戦 清風(大阪)0-0代表戦負け

女子(88校参加)

1回戦 鹿島(茨城)1-1代表戦負け

以上の結果になりました。

今大会も初めての参加になりましたが、錬成会で強豪校に胸を借り、思い切った試合ができるように頑張らせました。

男女とも代表戦負けになり、あと一歩のところで残念な結果になりましたが、全道新人戦に向けて自分たちの課題が明確になりました。

例年ですとこの時期は東北遠征に行かせていただいておりましたが、今回の関東遠征ではまた違った刺激を受けることができました。また宿泊については成田高校さんにお世話になり、本当にありがとうございました。また機会がありましたらよろしくお願いいたします。

写真は成田山新勝寺に行ったときのものです。

成田.jpg

第50回つくばね旗高校剣道大会

平成27年12月23日に流通経済大学で行われた上記大会に初めて参加させていただきました。

男子(124校参加)

1回戦 巣鴨(東京)4-0勝ち

2回戦 拓大紅陵(千葉)1-0勝ち

3回戦 名渓学園(茨城)1-2負け

女子(97校参加)

1回戦 取手松陽(茨城)1-1本数勝ち

2回戦 淑徳与野(埼玉)1-2負け

以上の結果になりました。

今回は年末に初めての関東遠征を企画し、12月21日夕方の苫小牧発のフェリーに乗り、大洗港まで19時間の船旅を経て、大会に参加しました。

レベルの高い試合を経験し、得たものが多かった大会でした。

このあとは大野旗に参加させていただきました。

平成27年度第5回上川学校剣道連盟高等学校新人剣道大会

12月12日に大成市民センター体育館で行われた上記大会に参加させていただきました。

今回で5回目の今大会に、男子は北海道栄・苫小牧工業・岩見沢東・北見柏陽を、女子は北海道栄・岩見沢緑陵・北海・北見北斗を招待して団体戦、さらに個人戦も各学校1名ずつ参加しての学年別個人戦を行う大会で全道新人戦の前哨戦として、毎年有意義なものになっております。

<男子団体>

Aチーム2位・Bチーム準々決勝進出

<女子団体>

Aチーム2位・Bチーム予選リーグ敗退

<男子個人>

2年生の部=林上龍基1位

1年生の部=久保田和弥2位

<女子個人>

2年生の部=尾上舞4位

1年生の部=照井杜稀矛1位

以上の結果になりました。

男子団体は決勝まで順調に勝ち上がりましたが、決勝で北海道栄に0-1敗退、Bチームも決勝トーナメントに進出してきましたが、本校Aチームとぶつかりました。ともに一本の大切さを痛感させられた内容でした。

女子団体は準決勝で北海道栄高校に代表戦で勝利しましたが、岩見沢緑陵高校に本数負け、Bチームも健闘しましたが、予選リーグを抜けられずと悔しい結果になりました。ともにチームとしての戦い方になっていなかったことが課題として残りました。

全道まで約1ヶ月になかで、13日の錬成会も含めて、貴重な体験をさせていただきましてありがとうございました。今回の課題解決に向けて、充実した稽古を積んでいきたいと思います。招待高校のみなさま、応援してくださった方々、本当にありがとうございました。

最新の記事

アーカイブ