同窓会ブログ

  1. ホーム
  2. 同窓会ブログ

最新の同窓会ブログ

残り雪と春風の季節のはざまの中で

少しずつ寒さが緩み春への始まりが感じはじめられる季節になって来ました皆さん風邪などに負け

ることなどなくお元気にお過ごしのことと思います。

今年のこの時期には色々な催しがありましたので掲載を致します。

 

2月23日 昨年シーズンの終わりを持って、現役の引退を表明された高平慎士君が母校を訪れて

在校生や地域の方の熱烈歓迎を受けて「オリンピックから見えた大切なこと」と題して講演をされ

て、陸上競技の楽しさや喜びなどを語ってくれた学生時代からオリンピックメダリストの過程やトレ

ーニングやメンタルの鍛え方など技術論や精神論などの話をされる。

「情報ツールを最大限活用してより良い人物や環境に出会う為アンテナを張り巡らせて見聞を広め

るように心がけるべきだ」と力説する。

「今後も陸上界に携わりながら東京オリンピックの成功に貢献をしたいし陸上競技の普及を目指し

ていきます」と話しをする。

何より応援をいただいたことに感謝をしています応援の力が大切なことを実感させて頂いた選手生

活であったと思うと結ぶ。

旭川観光大使を任命され旭川の魅力の発信にも力を入れる高平慎士君の活躍をこれからも応援をして行きましょう。

高平.jpg

 

平昌オリンピック大会も日本選手の活躍で盛況に終了しました。

テレビに映る石田選手のまわりは大きな身体の外国選手たちばかり囲まれると小柄な姿が見えなく

なるほど、その中で日本女子ではただ一人の出場であり4種目に孤軍奮闘の戦いに挑み、日の丸を胸

に堂々たる滑走であった。

石田正子選手のレース姿に心から勇気と感動と最後まで諦めない不屈の旭大高魂を心に秘めて頑張

る姿に拍手を送りたいと思います。

残念ながら入賞には惜しくも届かず悔しい思いをされていたと感じられたが、4大会連続出場のま

さにレジェンドの滑りにはいささかの衰えなど見られず次期を目指して挑戦をつづける勢いを期待し

て応援を続けて行きたいと思います。

 

パラリンピックには藤田佑平君(スキー部ОB、現早稲田大学院生)がクロカンガイドとして選手のサポートとして出場致します。

大変な難しい役割の中にも選手の目となり手足となって滑走をして好成績を期待致します。

ピョンチャン.jpg

 

2月28日 同窓会入会式を行ないました。

156名の卒業生に卒業のお祝いとこれからの進む明るい未来に向かい幸多からんことを願いなが

ら5名の役員の皆さんから励ましの言葉を掛けていただき入会を心より歓迎致しました。

同窓会記念品を代表して大西康生君へ贈呈する。

小林蒼葉さんから入会の言葉が述べられた「社会で活躍をする先輩のみなさんに負けないように努

力を重ね立派な社会人として成長したい」と決意を話して頂いた。

 

同窓会クラス幹事の皆さん

1組  若松 来桃さん  三島 洋斗君

2組  笠間 麗妃さん  西中 祥吾君

3組  工藤 成夏さん  平山 友貴君

4組  小林 蒼葉さん  木村 巧 君

5組  尾高 勇真さん  大西 康生君

6組  坂口 文音さん  落合 蓮 君

クラスの皆さんと連絡を取り合いクラス会、同期会など横の絆を深めて連携を取り合って下さい。

入会式.jpg入会式2.jpg

 

同窓会会長賞を贈呈する

真面目にコツコツと努力を重ね心身ともに鍛錬を行い、文武両道に3年間真摯に取り組み、陸上競

技部では主将を努めてチームをまとめてインターハイ全国大会50年連続出場に貢献して本校体育活

動に活躍をする。

大学進学後も陸上を続けてさらにレベルアップを目指したい、仲間とは良きライバルとして挑戦を

して行くと思いを語ってくれました。

3年間の努力を讃えて表彰を行いました。

三宅 樹君(鷹栖中学校卒)おめでとう 今後の活躍を期待しています。

会長賞.jpg

 

平成29年度卒業式挙行される

好天に恵まれて春の風が感じられる中で多くの来賓の皆様やご父母や在校生の見守る中で一人ひと

りの名前が呼ばれ阿部校長から証書が手渡されて万感の思いを胸に緊張をされた中にも確かな成長の

顔立ちに見える。

阿部校長式辞では「変化の激しい厳しい時代の中で自分を見失うことなく歩みを進めて欲しい。

家族や故郷や地域を大切にして立派な社会人となり支える人となるよう考えて行動を」と最後の訓示

を送る。

 

阿部PTA会長祝辞「母校で学んだこと、乗り越えた壁、育んだ友情を忘れることなく信じた道へ

羽ばたいて下さい」とお祝いの言葉を話す。

 

今井 優奈さん(在校生代表 生徒会長)より送辞

「先輩たちの指導に感謝をします今後も助言を願います、健やかで、それぞれの道で活躍をされるこ

とを祈念します」と送る。

 

 阿部 隼也君より「私たちは自分の選んだ道、信じた道を忍んで粘って切り拓いて進んで行きま

す。見守ってくれた皆さんに感謝して恩返しが出来るように、しっかり足元を見つめて進んで行きた

いと」力強く答辞を述べる。

吹奏楽部の演奏と参列された皆さんの前途を祝う拍手の中を卒業生は元気に次を見つめて新たなる

一歩を踏み出しました。

卒業式.jpeg

 

 

伝統の力と輝かしい歴史を持つクロスカントリー部ではありますが休部の報を受けて非常に残念な

思いを持たれたOBOGの皆さんをはじめ勇気と感動を感じて来た多くの卒業生の皆さんがいると思います。

そんな中でも懸命に自分と向き合い練習に励み大会を転戦して見事な成績を挙げてくれている。

伊藤玲緒君(2年生 鷹栖中学校)です。

現在部員は彼ひとり、練習も大会も今年は一人で懸命に頑張っている。

長野県で行われた全国選抜スキー大会(レベルの高い者が選抜される)でのフリースプリント競技

で選ばれし150人の中での優勝を見事に勝ち取り栄冠を掴む。

優勝を祝いインタビューをしました。

優勝の感想は?  「中学ではあまり良い成績を挙げた事が無かった、ビックな大会での優勝で自

分もビックリです」

勝因は?  「長野県の雪質が自分の好きな少し湿った雪質でしたのでラッキーと感じた。

スプリント競技はあまり得意では無かったが、予選通過の滑りを試して、さらに決勝では限界に挑戦

して強い気持ちで前に出て攻めの滑りを試みました。

また音威子府高校の先生がスキー板のワックスを調整してくれたのがピッタリと合いました感謝し

います」

石田正子さんや藤田佑平さんの姿を見て思うことは?

「旭岳での滑りを見た事がありますが、先輩の頑張る精神力や体力技術など見習う事がありますが

少しでも近づきたく思います。

長い間第一線で活躍し走り続けるモチベーションの高さの秘訣を聞いてみたいと思います」と質問

に答えてくれましたが

「昨年は先輩もいたが仲間がいればと思うこともありますが練習に励み先輩達を追い越す気持ちで

頑張りたいと」芯の強さを持つ優しい表情を見せてくれた。

生徒会活動も熱心に活動をして盛り上げています今後の活躍を期待しています。

伊藤.jpg

 

 

4月10日には入学式が挙行されます

新たな出会いを楽しみに早く温かい春を迎えたい気持ちです!

素晴らしい朗報が続きますように皆様の益々の活躍を願っています。   

 

以上 冬から春へ向かう季節の中での出来事でした。

響く伝統の音奏で伝える力に思いを込めて

卒業を迎えるこの時期に3年生が活躍できるクラブ活動は少ないと思いますが参加をして仲間達と

一緒に最後の演奏会が開催されます。

吹奏楽部の定期演奏会での卒部演奏でもあり頑張って仲間と築いた3年間に心より拍手を送りま

す。

3年連続で東日本学校吹奏楽大会にて堂々と演奏して高い演奏技術と厳しい練習の成果が認められ

た誇りある快挙に感動をしています。

先輩達が築いてきた伝統の音に加えて皆さん達の新しい感覚の音を融合させて更に進化をさせた音

楽になって行く過程は頼もしく感じられる。

聴衆の心を捉えるひたむきな演奏には多くの皆さんの心に響く素敵な余韻が残ります。

3年生8人が惜別の思いを込めてソロ演奏本当に良かった。最高です。

多くの人に愛されている活動だと感じられます、スタルヒン球場で演奏応援を受ける硬式野球部の

メンバーが最前列に陣取り声援を送り、会場受付など運営サポートするのは昨年卒業をした先輩たち

が自主的に陰から支えてくれている。

聴衆の皆さん達の温かい拍手が演奏する部員たちに大きな力を与えて一体感を生みホール内に優し

い雰囲気が充満してくる。

先輩は後輩を優しく包み込み、後輩は先輩を慕い良き影響を与えつつ吹奏楽部のこれからの活動も

研鑽を重ね伝統の力を蓄え明るく元気に聴衆を和ませ、仲間を鼓舞し勇気を与え、学校内でも爽やか

な活動で仲間たちと前向きな学校生活を送る源になるように期待をしています。

一生懸命に頑張る吹奏楽部に多くの皆さんの応援をお願い致します。

 

3年生の皆さん本当にお疲れ様でした、ありがとう!!

1.2年生の皆さん頑張って下さい!!

 

定期1.jpg定期2.jpg

                                      (OB・OG達の協力を受け盛会でした)

旭大星 初場所健闘 勝ち越して母校に帰る

「お帰りなさい 旭大星」と書かれている化粧まわし姿の映る大きな歓迎ポスターを玄関前に貼

り、柔道部員と教職員の拍手の歓迎を受けて鮮やかなブルーの着流しで少し照れくさそうに大きくな

った身体で自身の最高位の十両筆頭で初場所勝ち越しをきめ母校に帰ってきました。

十両に昇進した時に帰ってきて以来との事ですが一層の風格漂う姿に大きく感じさせ流石に厳しい

大相撲の世界で頑張っているなと感じさせる。

報道関係からの質問では、結婚された事など相撲以外の事も聞かれるが堂々とした中に「体調に気

を掛けてくれて励みになっている」などと、少し照れながらも応えていた。

育て鍛えてくれた柔道部道場にて懐かしい写真に自分を探し、トレーニング方法など部員との懇談

にリラックスできる雰囲気が漂う。

初場所プレッシャーの懸かる中での相撲を取るも幕内にあがれるか微妙な情勢と語りながらも上を

目指す重圧も跳ね除け次の場所への闘志を見せた。

場所を終えて直ぐ結婚式を控えている多忙な中でありながら訪問され勇姿を見せてくれた事に感謝

をします。

後輩達にとって最高の誇りを感じ取ることが出来たと思い嬉しくなりました。

怪我に気をつけて大活躍と大躍進をされるようにみんなで応援しています。

旭大星 1.jpg旭大星 2.jpg

あああ報道関係者からインタビューを受ける  ああ柔道場で高校時代の自分の写真を懐かしく見る

旭大星 3.jpg

旭大星、校長、柔道部顧問、同窓会長と一緒に

石田正子選手 平昌冬季オリンピック大会出場決定

日本ノルディックスキー距離のトップランナーとして世界と戦い活躍されていますが、4大会連続の

オリンピックに出場が決まりました、会員みんなで石田正子選手のメダル獲得を目指して力走をする姿

に声援を送りたいと思います。

体調を万全にして世界を相手に旭大高魂を持って粘りの滑走を繰り広げられて本懐を遂げられる事を

心より応援をします。

がんばれ!!  石田正子選手!!

旭川神社に参拝

屯田兵により開墾され1893年(明治26年)に建立された母校の創立が明治31年ですから5年

前には既に存在される。

「木花開耶姫命」(コノハナサクヤヒメのミコト)と呼ばれる美の女神が祀られている。

少しでも美意識を高めればと願いながら、旭川発祥の地として歴史のある場所で新年の参拝をして来

ました。

太神楽.jpg

あああ(新春 太神楽)

最新の記事

アーカイブ