同窓会ブログ

  1. ホーム
  2. 同窓会ブログ

最新の同窓会ブログ

創立120周年記念式典盛大に挙行される

 

学校の窓から見える旭岳を含む大雪山の山並みは古くから「カムイミンタラ」(神々が遊ぶ庭)と呼ばれてきた。

その山並みが新緑から赤や黄色に染まり、今、その目を向けると新雪により一帯が冠雪し白銀の世界に季節の移ろいを見せている。

 山並みから太陽の光が差してその白き山肌は神々しい輝きを見せている。

吹く風は涼風爽やかなるも寒さを少しずつ運んできている秋の深まりが感じられるが穏やかな朝を迎えます。

 10月20日は開校記念日に当たりますが、今年は明治31年(1898年)の創立から120周年の節目となります。

 「旭川裁縫専門学校」として開校され、当時はまだ旭川が人口5000人のころで女子にも教育が必要であると創始者である澤井兵次郎先生が地域の人々の要請に応える大きな役割の中で初の私学として設立から3万4千人を超える有為な人材育成をされて地域へと送り出しています。

 この日は、在校生やご来賓、支援を頂く企業や関係団体、同窓会員や学校関係者

など多数の列席を頂きました。

 西川旭川市長と菊川上川町村会副会長(当麻町長)や近郊町村の首長さん市議会

議長や道議、市議などの皆様を迎えてお祝いを頂き盛大に記念式典を挙行されました。

協賛会を立ち上げ、PTA・後援会などと我が同窓会もその一翼を担い学校事務局と連携を密にして晴れの日をむかえる準備に取り組む。

ご存知のように野球部の甲子園100回記念大会の出場が決まり、平行作業となるなど嬉しいことが重なる春から始まり暑い夏にさらに熱い夏を精一杯過ごし気が付けば秋の気配が感じる時となりました。

 加えて自然災害の頻発する異常事態に見舞われて今年の季節の巡る早さに驚く暇もありません。

 準備をする中で皆様のご支援とご協力とご指導に支えられ当日を迎える事が出来ました。

簡素な中にも幾多の困難を乗り越えて来た澤井先生や先人たちに感謝の気持ちを表し、新時代を迎える後輩たちに建学の精神と教育理念をしっかりと引き継ぐ為に記念事業として形に残してきました。

 式典の中では在校生の落ち着いた立ち振る舞いやしっかりとした雰囲気が感じられ、国歌や校歌の斉唱・沿革紹介ビデオ・吹奏楽記念演奏・生徒会長挨拶など来賓の皆様などから多くのお褒めの言葉が聞かされるなど在校生の厳粛な中にも凛とした、未来に向けて光り輝く希望の歩みが感じられる素晴らしい式典になった。在校生諸君の真剣な眼差しと姿勢に協調性の高さを感じられました。

 多くの方と節目の年に記念式典を迎えてそこに関係することが出来た喜びを生かし学校の発展と共に明治34年第一回卒業生の3名を含む先輩達の活動に敬意を表し更なる発展を心に刻み込み活動を展開して行きましょう。

素晴らしい記念の年になりました!   感謝

 

 

 


120周年式典写真.JPG

 

創立120周年記念 旭大高同窓会 総会・懇親会開催!!

 
 平成30年度の同窓会総会・懇親会が下記日程にて開催されます。
 
 今年度は、高等学校創立120周年の節目の年でもあり、多くの同窓生のご出席を賜りたく、鋭意準備を進めております。今年度の当番期は平成8年度卒業の皆さんです。実行委員長の佐藤誠氏を中心に実行委員一同、ご参加の皆様が旧交を温めることのできる懇親会になるよう開催のための業務に当たられています。
 
 同窓生の皆様、ご友人とお誘いあわせの上、多数のご参加をお待ちしております!
 
日 時  平成30年11月3日(土・祝)
      18:00 総会
      19:00 懇親会
会 場  アートホテル旭川(旧ロワジールホテル)
     旭川市7条通6丁目 0166-25-8811
会 費  5,000円
 
お問い合わせ  旭川大学高等学校同窓会2018実行委員会事務局(旭大高内)
電    話  0166-48-1221  FAX 0166-48-0740
担    当  斎藤宏宜(教員)
 
 
 
 

ポスターブログ用.jpg
 

 

故郷を襲う災害を乗り越えてがんばろう

 

台風の暴風雨による災害の凄さを実感している。直後に胆振東部地方を震源とする地震が発生し、北海道では未経験であった最大震度7の大地震となりました。加えて火力発電所などにも影響が出て、北海道全域に渡る停電が発生するなど大きな被害と混乱が起こりました。41名の尊い命が犠牲となり多くの道民が生活不安に陥る大災害となりました。

少しずつ復旧の兆しは見られますが、今後どうなるのか?の不安と心配の思いを拭い去ることができない被災者の皆さんが多くいると思います。一刻も早く普段の生活に戻れるように復旧を願ってやみません。

同窓生の中にも被害に遭われた方がいると思いますが、これからも命を守る行動を最優先に考えながらこの苦難を乗り越えていきましょう。

被災された皆様に心からお見舞いを申し上げます。

 

暑い夏に熱く輝く精鋭たち

 

それぞれの競技にて全道大会を勝ち進み、全国大会へと戦いの場を進めた皆さんに暑さに負けずベストな状態で競技を行って健闘されることを願って激励をして来ました。

 三重県で大会のソフトテニス藤田 晃さん(3年)と馬場 楓さん(2年)は「今まで練習をして来たことを出し切りたい。一つ一つのプレーを悔いなく終われるようにして、旭大高の名を全国にしらしめ後輩達につなげる」と話された。

 名古屋市では水泳の高谷 純平くん(2年)が200、400m自由形に挑む。「自己ベストを更新したい、頑張って部員が増えるようにと願っている」と話す。

 陸上競技は三重県で開催され、26名の部員が出場し全国大会51年連続出場の記録を継続している。

山田 千詠さん(3年)400、4×100R、4×400Rに出場されチームを引っ張る中心として「部員40名で頑張った成果が出ました。全力を出し切りたい。個人的には攻めの走りでベストを更新、リレー2種目では入賞目指したい、4×400Rでは北海道高校記録を狙う」と明確に設定した目標を話してくれた。

 

硬式野球部は甲子園に向けて30日に元気に出発しました、出発式にて青木亮樹くん(3年 東明中)がたくさんの人が応援してくれたおかげです、頑張ります、甲子園のスタンドやテレビなどで応援お願いします」と感謝と力強い気持ちを話してくれました。

 

生徒会長の今井 優奈さん(3年)へ学校祭にて同窓会が販売をした収益金を贈呈致しました。

「生徒会7名で活動をしていますが明るく楽しくと心掛けて学校祭や体育祭など運営をしています。実行委員の協力で盛会になりました」と話された。

スタルヒン球場での北北海道大会、当番校業務の裏方での働きも素晴らしかった。ご苦労様でした。

 

永山屯田祭りでは、未来創生コースで学ぶ生徒たちが、山車を引いて太鼓と鐘の音を響かせ暑さを吹き飛ばすパフォーマンスを地域の人にアピールしています、

地域に学び、地域に参加して地域に貢献するテーマを体現されています。

 

それぞれの夏を精一杯の力で燃焼させる若い力に頑張れのエールを送る。

 

 

全国1.png

 

 

 

 

野球部1.png

 

 

 

 

 

旭川大学高等学校野球部甲子園出場協賛会発足


母校である旭川大学高等学校の野球部が、旭川スタルヒン球場で行われた第100回全国高等学校野球選手権記念大会北北海道大会決勝戦で勝利し、9年ぶり8度目の甲子園出場を決めました。

つきましては、旭川大学高等学校野球部 甲子園出場協賛会が発足し、出場のための協力を募っております。

詳細は、旭川大学高等学校の公式HPで見ることができます。

同窓の皆様におかれましても、ご協力をいただければ幸いに存じます。

母校の後輩の健闘を祈りつつ、物心両面のご助力を賜りたくよろしくお願い申し上げます。

 

 

 

最新の記事

アーカイブ